BLOG

「和式おトイレの練習って本当に必要なの?」 年長ママの嘆き。

2014年07月20日 18時58分 JST | 更新 2014年09月16日 18時12分 JST

2014-07-16-071501.jpg

年長の後半になると、先生からこう言われます。

和式のおトイレの練習をさせてくださいね。

ついに来たか...。和便。

2014-06-18-logo_mini.png 学校トイレの5K=臭い・汚い・怖い・暗い・壊れている

2014-07-16-071502.jpg

臭い・汚い・怖い・暗い・壊れている

都内のとある公立小学校、創立50年以上経つその小学校は、いまだ和式トイレがほとんど。それでもやっと何か所かに洋式トイレが導入され、休み時間には子どもたちが並び、時間内におトイレを済ませられないこともあるんだとか。

家庭のトイレはほぼ100%洋式化、駅や商業施設など、パブリックスペースでもトイレの洋式化が進んでいるにも関わらず、いまだ、多くの学校には和式便器が残されているのが現状です。

学校のトイレ研究会(http://www.school-toilet.jp/)の調査によると、学校はまだ和式便器中心のトイレが8割以上を占めているそうです。一方で、TOTOの調査によると、子どもたちの92%が、洋式トイレを望んでいます。

保育園では自分のタイミングでトイレにいけるし、うまくできなかったときは「せんせーーい、はみ出しちゃったー」と声を上げると低いドアの上から先生がのぞいてくれますが、小学校ではそうはいきません。

うまくできなかったらどうしよう、待ってる人がいるから急がなきゃ。汚い、寒い、暗い、怖い・・・。

そんな気持ちから、学校で用を足せない子どももいます。

2014-06-18-logo_mini.png なぜ学校は和便なのか

子どもたちの大部分、そしてそこで働く先生たちももちろん、洋式トイレを求めていますが、スムーズに移行できないのにも理由はあるようです。

(全文はこちら:http://www.bs-kashiko.com/2007/

2014-06-18-logo_mini.png 「かしこい」女性に「かしこく」生きるヒントを提供する情報サイト『kashiko(かしこ)』

http://www.bs-kashiko.com/