飯村和彦
飯村和彦さんの最新投稿情報を受け取る
1960年、茨城県生まれ。テレビ朝日「ザ・スクープ」ディレクター、ブルームバーグテレビ統括プロデューサーを経て、現在BOUNDLESS PRODUCTIONS代表。1989年から5年間ニューヨーク、2011年から現在までマサチューセッツ州アマーストに在住。主に報道、ドキュメンタリー番組を取材、制作。代表作「検証!9.11米国同時多発テロ・ボジンカ計画」「ルーマニア小児エイズ患者10年の軌跡」「アメリカ核兵器開発と人体実験」ほか多数。
著書「ニューヨークが笑ってる」(ブレーン出版)、電子書籍「ダブル2」(Amazon)など。

飯村和彦さんによる記事一覧

人生が劇的に変わった瞬間~自宅出産に立ち会うということ

(0) コメント | 投稿日 2017年03月19日 | 09時40分

人生が一夜にして変わるなんて到底ありえない。常々、父さんはそう考えていたのだが、違っていた。

記事を見る

トランプ的な行為・行動を、「トランプる(Trumple)」と呼ぶことに!

(3) コメント | 投稿日 2017年02月06日 | 13時42分

ウソを正当化する、意見の異なる人と建設的な議論ができない、相手の気持ちを踏みにじるなどの「トランプ的な行為」全般について使える言葉を思いついた。

記事を見る

報道における「匿名性」の問題

(1) コメント | 投稿日 2016年12月12日 | 08時12分

報道現場における取材する側、取材される側の「責任」。

記事を見る

トランプの勝ち!アメリカはどうなってしまうのだろう

(3) コメント | 投稿日 2016年11月10日 | 17時36分

どうしてトランプ勝利なんてことになってしまったのか?

記事を見る

神風でも吹かない限り、第45代アメリカ大統領はヒラリーだ!

(8) コメント | 投稿日 2016年11月07日 | 08時38分

閉じた世界にいる人たちの団結力は強い。けれどもそんな彼らを閉じた世界の外側から見ると、どこか普通じゃないのだ。

記事を見る

死を悼む方法

(0) コメント | 投稿日 2016年10月17日 | 10時12分

25年間再会せずに終わってしまった友人だが、だからといって、われわれが友人でなくなった訳じゃ全然ない。

記事を見る

「3回以上」読んだ本、何冊ありますか? 読み返すたびに浮かぶ違った景色

(3) コメント | 投稿日 2016年09月20日 | 11時29分

本を読んでいて何が面白いかといえば、そこに書かれている内容もさることながら、物語とは直接関係のない事象が奔放に頭に湧いてくる現象だ。

記事を見る

トランプが勝つ確率は13%!国民を侮った男の窮地

(0) コメント | 投稿日 2016年09月04日 | 11時03分

7月下旬の民主党大会でトランプの勢いが衰えたが、各アメリカ紙の選挙予想を見ると、現状では「ヒラリー優勢」とはいえ、とても磐石な状態にあるとはいえない。

記事を見る

原爆投下から終戦までの信じがたい経緯を!21年前の夏、子どもが誕生した日に考えたこと

(0) コメント | 投稿日 2016年08月12日 | 10時26分

――もし僕たちが、50年前の日本に生きていたとしたら。

記事を見る

目を見張る人間力!平均年齢83歳、米国人気コーラスグループ「ヤング@ハート」の歌声が受刑者の心に響く理由とは?(動画あり)

(0) コメント | 投稿日 2016年08月04日 | 10時39分

「きょうも元気にロックしてるなあ~」彼らのステージや練習風景を見るたびにいつもそう感じる。

記事を見る

都知事選。候補者連名で東京オリンピック・パラリンピック事業予算の積算根拠を開示させ、その上で政策論議を

(1) コメント | 投稿日 2016年07月19日 | 09時22分

主要3候補者とも「五輪予算を縮小する」という点では同じ目標を掲げている訳だから、いますぐにでも…

記事を見る

増え続ける無差別テロの脅威!沢木耕太郎さんが「深夜特急」で描いたような旅はもうできない。

(0) コメント | 投稿日 2016年06月30日 | 18時15分

世界は今いったいどうなっていて、これから先どうなっていくのか...。

記事を見る

ヒラリー大統領候補へ「この国の歴史で初めて」。今だからこそサンダースの叫びに耳を傾けたい

(4) コメント | 投稿日 2016年06月09日 | 09時02分

民主党の大統領候補は、”ほぼ間違いなく”ヒラリーで決まり。でもそんな今だからこそサンダースの叫びに耳を傾けたくなる。

記事を見る

オバマ大統領の4羽の「折り鶴」が、広島に舞い降りた理由とは?

(0) コメント | 投稿日 2016年05月29日 | 16時26分

2016年5月27日、広島に4羽の折り鶴が舞い降りた。ピンクと青の2色。千代紙をつかい、丁寧に折られていたという。

記事を見る

がん治療の新しい地平!アメリカ発「がん免疫療法」(1)

(0) コメント | 投稿日 2016年05月18日 | 11時12分

「エイズウィルス」を使った“がん”免疫療法とは?

記事を見る

アメリカ大統領選・トランプの勢いは侮れない!

(2) コメント | 投稿日 2016年05月06日 | 13時45分

本選の行方はどうなるのか…ということだが、実はかなり「まずい」状況になっている。

記事を見る