BLOG

お菓子を買いませんか?子どもたちの未来のために。

2013年12月24日 02時06分 JST | 更新 2014年02月21日 19時12分 JST

九州産の「旨いもん」を味わうと、子どもたちの未来が拓けていく。

育て上げネットでは、新しい寄付プラットフォーム「TABEKIFU(タベキフ)」の構築を目指している、有限会社藤井食品販売の宮尾邦幸社長の挑戦を応援しています。

クラウドファンディングサイト「READYFOR?」を活用しての挑戦も残り約9時間となりました。

社会的にも、経済的にも厳しい環境のもとで懸命に生きる子どもたち。私たちは、ひとりでも多くの子どもたちが笑顔で、将来に希望を持って成長できるようご支援差し上げています。

先日、お子さんが生まれた宮尾社長は、夫婦でお話されたそうです。

「自分たちの子どもを一生懸命育てていこう。それだけではなく、同じ時代に生まれた子どもたちの役にも立とう」

福岡で菓子販売業を営む宮尾さんは、厳しい状況におかれた子どもたちの現状を知り、できることを模索されました。そして、その結論として自分たちは子どもたちを支える専門家ではない。あくまでもお菓子屋として貢献すること。そのためには、子どもたちを支えているNPOをお菓子の開発と販売を通じて支えていくことだ、と。

現在、宮尾さんはお菓子購入を通じて、NPOに寄付ができるサイト構築のための資金調達をされています。

スタートアップのパートナーNPOとして、

・カタリバ(被災地での子どもの学び)

・かものはしプロジェクト(子どもの人身売買防止)

・育て上げネット(困窮家庭の子どもへの学習支援)

・フローレンス(病児家庭のサポート)

を支えていきます。そして少しずつ、できるだけ多くの子どもたちを支えるNPOを増やしていきたいと考えています。

TABEKIFU(タベキフ)の仕組み

宮尾さんの想い

社会課題は知ったひとから解決に取り組んでいかなければならない、と言われます。まさに宮尾さんは、知った事実に対して、行動を起こされました。残り9時間、宮尾さんの挑戦、応援者を募っています。

育て上げネット 広報

--------------------------------------------------------------------

クラウドファンディングサイト「READY FOR?」

「TABEKIFU」チャレンジサイト:https://readyfor.jp/projects/766

目標金額:800,000円

現在の達成金額:661,000円 / 現在の支援者数59人!(2013年12月23日13:44分)

残時間:約9時間

応援と引き換えにあなたが得られるもの:九州産のうまいもん

1. 3,000円:お菓子セット(3種 3袋)

2. 10,000円:お菓子セット(5種10袋)

3. 30.000円:お菓子セット(5種 5袋)+九州野菜セット

4. 50,000円:お菓子セット(5種 5袋)+九州野菜+朝取り卵40個

5.100,000円:お菓子セット(5種13袋)+九州野菜+朝取り卵40個

--------------------------------------------------------------------

▼宮尾さんのようなひとの想いがカタチになる社会

最初、お話させていただいたときの宮尾さんの反応は限りなく薄いものでした。そしてそれは多くのひとの反応と同じでした。

自分の友人や知人、日々の生活のなかで、意識することなくあった温かい食事、勉強できる環境、イベントいっぱいの夏休み。

ニュースなどで流れる子どもたちが巻き込まれた悲しい事件は見ていてもどこか遠い世界の話のように思ってしまう。周囲にそのような子どもたちがいなければ、仕方のないことでもあります。

それでも、何度かお会いさせていただくなかで、少しずつ宮尾さんが変わってきました。何かしなければいけないのではないか。何かできることがあるかもしれないと。

知らないままにはできない。知ったからには何かアクションを起こしたい。

そして宮尾さんはアクションを起こされました。

私は、「TABEKIFU(タベキフ)」というサイトの価値も非常に大きいと思います。子どもたちを支えるNPOとしては、純粋にありがたいお話です。

それ以上に、私は宮尾さんの想いに共感し、その挑戦を応援したいと思っています。遠い世界の話について、想像力を持って、行動する。宮尾さんに限らず、宮尾さんのようなひとの想いがカタチになる社会。

私自身も応援させていただきます。

(※この記事は、2013年12月20日の「若者と社会をつなぐ支援NPO/ 育て上げネット理事長工藤啓のBlog」から転載しました)