BLOG

バズフィードよりシェアされるバイラルメディア「PlayBuzz」とは?

2014年10月12日 17時32分 JST | 更新 2014年12月11日 19時12分 JST

2014-10-12-20141008042156.png

創設たった10ヵ月のイスラエル発のバイラルメディアPlayBuzz(プレイバズ)」が勢いを見せています。クイズやリスト記事に特化したサイトなのですが、9月のフェイスブックでのシェア数でバズフィードを抜きました。

1位はハフィントンポストで945万シェア、2位がプレイバズで759万シェア、そして3位がバズフィードで627万シェアとなっています。プレイバズがこの2つのメディアに食い込んでいることはもちろん、ニューヨークタイムズやガーディアンなどの大手紙にも勝っているのは象徴的です。

2014-10-12-20141008022240.png

(出典:The Biggest Facebook Publishers Of September 2014

以前、「バズフィードの人気コンテンツは『クイズ』ーー上位10記事中9つを占める」という記事を書いたことがありますが、プレイバズはまさにクイズ(日本でいう性格診断)が多く掲載されているエンタメサイトです。リスト記事もあり、CGM的なアプローチも見られます。

バズフィードは月間1.5億UUですが、プレイバズは7000万UUほど。簡単にクイズがつくれたり、記事の埋め込みができることから大手メディアも活用しているとのこと。バズフィードクローンがバズフィードを抜いたのは興味深いですね。

また、フェイスブックで人気のあった(アクションがあった)記事の上位にはプレイバズの記事が多く占めています。

2014-10-12-20141008022818.png

(出典:The Biggest Facebook Publishers Of September 2014

プレイバズがバズフィードを抜いたことは、海外でも話題になっており、多くのメディアが報じている事態となっています。スマホ&ソーシャル時代のメディアを考える上で伝統メディアの参考になりそうですね。

ちなみに、プレイバズを立ち上げた起業家のShaul Olmert氏(39)は、前イスラエル大統領の息子なのだとか。 なんかいろいろとすごいです。

(2014年10月12日「メディアの輪郭 新興メディアの視点と大手メディアの実験を追うブログ」より転載)