竹内健
竹内健さんの最新投稿情報を受け取る
 
中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授
工学博士(東京大学 大学院工学系研究科 電子工学専攻)
MBA(スタンフォード大学 ビジネススクール)
著書は「世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記」(幻冬舎)

竹内健さんによる記事一覧

東芝のフラッシュメモリ事業をアメリカ企業に買ってもらい、「日米連合」という幻想

(2) コメント | 投稿日 2017年03月18日 | 13時41分

東芝のフラッシュメモリ事業は4/1に分社化され、東芝メモリという会社になるようです。

記事を見る

東芝記者会見の異様な光景

(2) コメント | 投稿日 2017年02月19日 | 12時05分

もういい加減に、落ち目の問題事業に対して優先的に税金を投入するのはやめませんか。

記事を見る

大学の研究室で学べることは何か

(0) コメント | 投稿日 2016年10月10日 | 11時36分

学生のみなさんが将来の進路を考える上で少しでも参考になれば良いのですが。

記事を見る

年をとって身に染みる、「好きなことを仕事にしよう」という若者へのアドバイスの大切さ

(1) コメント | 投稿日 2016年09月11日 | 17時19分

功成り名を遂げているのに、遮二無二頑張り続け、業績を挙げ続ける方は、なぜそこまで頑張るのだろう、と私も若い時には不思議に感じていました。しかし今になると...

記事を見る

50代のオジサンでも必要とされるためには

(0) コメント | 投稿日 2016年08月26日 | 11時18分

いつでも現場に戻れること、泥臭い仕事もやり続けることこそが、生き抜く術なのかなと思っています。

記事を見る

就職先に悩んだら、仕事の内容よりも、一緒に仕事をする人・チームで進路を決めたら良い

(1) コメント | 投稿日 2016年06月24日 | 13時42分

どんな仕事もきついこと、理不尽な目にあうわけですから、好きでないと続かない。

記事を見る

ハードとソフトの融合はジョブズの言う「Connecting dots(点と点をつなげること)」

(0) コメント | 投稿日 2016年06月17日 | 18時41分

私がやっているソフトとハードの融合も、今から振り返るとConnecting dotsでした。

記事を見る

若さとは将来に期待すること、自分がまだ成長できる、何かをなす事ができると信じられること

(1) コメント | 投稿日 2016年06月12日 | 09時04分

よく好奇心が若さと言いますが、技術者の場合は、将来に期待すること、自分がまだ成長できる、何かをなす事ができると信じられること、と言い換えられるかもしれません。

記事を見る

IoTで直面する人材難

(0) コメント | 投稿日 2016年05月30日 | 09時02分

リストラをしている最中から良く聞かれたのは、人が居ないんですよね・・・という人材難の問題。つまり、人余りと人材難が同時に起こっている。

記事を見る

グーグルがAI向けの半導体を開発した意味

(0) コメント | 投稿日 2016年05月22日 | 13時16分

「TPU」の性能は「GPU」の10倍とも報じられており、「AlphaGo(アルファ碁)」などにも使われているという。

記事を見る

IoTで儲けるという幻想

(0) コメント | 投稿日 2016年05月12日 | 17時34分

猫も杓子も「わが社はIoTで儲けます」というのは、違和感を感じます。

記事を見る

社長が交代しても東芝の明日が見えない

(0) コメント | 投稿日 2016年05月09日 | 11時50分

驚いたのは、新会長にウェスティングハウスの会計問題、いわゆるのれん代の減損処理で取りざたされている方がなったこと。

記事を見る

就活もいよいよ正念場、面接ですね。でも、本当にヤバイのは、面接官のオジサン世代ではないかな。

(1) コメント | 投稿日 2016年05月09日 | 11時31分

就活で何だかなあ・・・と思うのは、学生を審査する企業のオジサンは、学生に何か言えるのかな、ということ。

記事を見る

誰にも等しく桜が咲く

(0) コメント | 投稿日 2016年04月07日 | 11時59分

桜は綺麗だけれども、誰もが明るい気持ちで4月を迎えているわけではないでしょう。

記事を見る

卒業・就職おめでとうございます。ところで、学ぶ習慣はついていますか?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月28日 | 10時00分

企業の中では「勉強しろ」などと言われない反面、目先の作業をしていると、勉強しなくても何となく過ごせてしまう面もあります。

記事を見る

最初から失敗することがわかっている国家プロジェクト

(3) コメント | 投稿日 2016年03月15日 | 14時39分

失敗する理由は様々でしょうが、「これは必ず失敗するな」と研究をスタートする前からわかってしまうものもあるのです。

記事を見る

研究開発は年功序列に合わない

(0) コメント | 投稿日 2016年02月23日 | 14時38分

研究開発は、どのプロジェクトが成功するか、確信など持てません。しかし、「これは失敗するだろうな」というのは、やっている人を見ればわかるようになりました。

記事を見る

リストラされても生き残るために、普段からやっておくべきこと

(2) コメント | 投稿日 2016年02月15日 | 08時10分

どの企業も(もちろん大学も)一寸先は闇です。

記事を見る

受験に失敗しても悲観する必要は無い

(0) コメント | 投稿日 2016年02月11日 | 10時07分

入試のシーズンですね。定員がある受験は合格者と不合格者が出ます。全員が自分の力を出し切ったとしても、必ず不合格者が出てしまう残酷なものなのです。

記事を見る

日本の技術は負けていないという思考停止

(6) コメント | 投稿日 2016年01月30日 | 10時36分

半導体不振の理由は、円高、新興国の台頭、垂直統合から水平分業へのビジネスモデルの転換の遅れ、などが言われています。本当にそれだけなのでしょうか。

記事を見る