BLOG

東日本大震災について・・・3.11から3年によせて

2014年03月11日 16時04分 JST | 更新 2014年05月10日 18時12分 JST

大震災と原発事故から3年が経ち、あらためまして犠牲になられた方々と被害に遭われた方々に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

結いの党は、尊い多くの生命の犠牲に深く思いを致し、震災の教訓を語り継ぎ、被災された皆さんが希望を持って前進できるよう、復興の更なる加速と原発事故の早期収束に努めてまいります。

私たちの子孫が、大災害による深い悲しみに二度と暮れることのない国を作る。その礎を築くのが、大震災を乗り越え、今を生きる私たちの責務です。 そのためには、被災された皆さんが描いた地域の未来図を、国や自治体が支え実現していくことが何よりも重要です。

巨大防潮堤に象徴されるようなハード偏重の復興事業や、まるで原発事故がなかったかのような再稼働推進の方針に、国民は戸惑いを覚えています。新しい発想と、東北の地で若い人材を育てる構想が、今こそ強く求められているのではないでしょうか。

結いの党は、「東北から『この国のかたち』を変える」と掲げた主要政策の実現に、引き続き全力で取り組んでいくことをここにお誓い申し上げます。

(2014年3月11日の江田憲司.net「日々是好日」より転載)

震災復興 画像集