関根健次
関根健次さんの最新投稿情報を受け取る
 
1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒業。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。2003年、募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせてUFPFF 国際平和映像祭を主催している。著書に『ユナイテッドピープル』(ナナロク社)。

関根健次さんによる記事一覧

ボスニア・ヘルツェゴビナの経験から学べること 「子ども戦争博物館」を設立する若き活動家インタビュー

(0) コメント | 投稿日 2016年07月07日 | 07時08分

私は「子ども戦争博物館」が国際的な平和構築団体へと進化するポテンシャルを感じています。

記事を見る

ダライ・ラマ法王からアンサング・ヒーロー賞2014を受賞したヒーロー濱川明日香さんはヒーローを応援する

(0) コメント | 投稿日 2016年06月07日 | 01時15分

アンサング・ヒーロー賞は、ライフワークとして献身的な社会貢献活動を行う活動家が、4年に1度、世界から50人選ばれ、授与されています。

記事を見る

日本は独立国ではない「平和学の父」ガルトゥング博士が真の独立を提言する

(1) コメント | 投稿日 2016年05月10日 | 15時48分

これから日本がどこへ向かうことが、日本や世界の平和につながるのでしょうか?

記事を見る

5月に緊急再来日する「平和学の父」ヨハン・ガルトゥング博士が説く「積極的平和」とは?

(0) コメント | 投稿日 2016年04月14日 | 09時49分

「平和学の父」ガルトゥング博士の再来日が、議論を活発化させる機会になったらと願っている。

記事を見る

「誰かが伝えねば」アウシュヴィッツでガイドを続けるポーランド人女性

(2) コメント | 投稿日 2016年03月28日 | 11時19分

人生で一度は訪れておきたい場所の一つだった強制収容所アウシュヴィッツを、まだ雪の残る2月下旬に訪問してきた。

記事を見る

一触即発 ベルギー原発テロは来週3月28日に計画されていた

(0) コメント | 投稿日 2016年03月25日 | 10時25分

CBSニュースがベルギーテロの本当の標的は原発だったと伝えている。

記事を見る

キング牧師の公民権運動を彷彿とさせたアメリカの同性婚裁判

(0) コメント | 投稿日 2016年01月26日 | 15時02分

キング牧師の闘いは、人間性に訴えたからこそ、白人側にも共感が広がったのだと思います。

記事を見る

人権弁護士が訴えるファストファッション生産現場の過酷な現実

(0) コメント | 投稿日 2016年01月21日 | 14時25分

一見華やかにみえるファッションの陰で、何が起きているのか。

記事を見る

「血塗られた服」は着て欲しくない 映画『ザ・トゥルー・コスト』が伝える現実とは?

(3) コメント | 投稿日 2015年10月06日 | 16時56分

衣服がどこから来るかを深く考えたことはありませんでした。しかし、ブランドの裏側にいる人々やその現場について学び始めると、そこにあった現実は衝撃的なものでした。

記事を見る

W杯シリア戦直前 元シリア代表チームコーチが語る一問一答

(0) コメント | 投稿日 2015年10月01日 | 09時03分

シリア代表選手や代表監督も知る屋良さんに今回のシリア戦について聞いてみました。

記事を見る

シリア内戦危機で脱出する人々 ハンガリーでシリア難民が大行進

(0) コメント | 投稿日 2015年09月07日 | 22時19分

「安保法案が通過すれば日本はアメリカと共にIS(イスラム国)と戦うことになるだろう」とガルトゥング博士はいった。

記事を見る

ガルトゥング博士の来日目的は真の「積極的平和」を基とした3つの提言をすることだった

(2) コメント | 投稿日 2015年08月25日 | 14時28分

戦後70年、安保法案が国会通過をしようとしている8月19日から8月22日の3泊4日の日程で、「積極的平和」の提唱者であり平和学の世界的権威であるヨハン・ガルトゥング博士来日ツアーを企画したものとして、伝えなければならないことがあります。

記事を見る

マーシャル諸島では12年間毎日、広島原爆級の核爆弾1.7個相当分が爆発していた

(3) コメント | 投稿日 2015年08月05日 | 15時52分

マーシャル諸島で行われた核実験を調べてみると、想像以上の規模かつ被害を現地住民が受けていたことに驚きました。

記事を見る

安保法案が成立しようとする今見て欲しい シリア内戦の現実を映し出す映画を公開

(0) コメント | 投稿日 2015年07月28日 | 18時29分

シリア人監督が命を懸けて描いたドキュメンタリー映画『それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~』がいよいよ8月1日(土)より渋谷アップリンクや中洲大洋映画劇場でロードショーになります。

記事を見る

ギリシャ危機で目覚めた若者は本当の豊かさを求めて田舎を目指した

(0) コメント | 投稿日 2015年07月08日 | 12時01分

ギリシャが事実上の債務不履行(デフォルト)状態になってしまいましたが、経済危機が始まったのは5年前の2010年頃です。以来、若者の2人に1人が失業するなど、経済危機がずっと続いていたのです。

記事を見る

「積極的平和主義」は概念の盗用 提唱者ガルトゥング博士が緊急来日

(25) コメント | 投稿日 2015年06月24日 | 14時24分

安倍政権が多用する「積極的平和主義」。実は平和学では「積極的平和」とは、有名なコンセプトであることを知りました。

記事を見る

破壊しつくされたガザ地区のドローン映像

(0) コメント | 投稿日 2015年06月12日 | 10時25分

破壊しつくされたガザ地区のドローン映像ぜひご覧ください。

記事を見る

爆弾テロが起きたイラクのバクダッド。その現場で単身チェロを弾き始めた男性が話題に

(0) コメント | 投稿日 2015年06月11日 | 18時26分

爆弾テロはイラクでは珍しいことではなくなってしまった。誰もが諦め、希望を失うような状況下、爆弾テロがあった現場で単身チェロを弾き出した男性がいる。

記事を見る

「現代のガンジー」と讃えられるラジェンドラ・シン氏が母なる川、ガンジス川を浄化する旅に出た

(0) コメント | 投稿日 2015年05月26日 | 12時18分

ラジェンドラ・シンはインドのラジャスタン州の7つもの川を蘇らせ、1,000もの村々を干ばつから救ったことから地元民から「現代のガンジー」「水のガンジー」と讃えられるそうです。

記事を見る

人類の理想郷?軍隊を持たない国コスタリカへ行ってみた

(9) コメント | 投稿日 2015年05月22日 | 10時16分

中米の小国、コスタリカ。人口は490万人。面積は九州と四国を足したぐらいだ。この小国が近年世界的に注目を集めている。いくつかその理由を列挙してみたいと思う。

記事を見る