BLOG

ギリシャ危機で目覚めた若者は本当の豊かさを求めて田舎を目指した

2015年07月09日 01時22分 JST | 更新 2016年07月07日 18時12分 JST

2015-07-08-1436324179-3518117-photo.jpg

ギリシャが事実上の債務不履行(デフォルト)状態になってしまいましたが、

経済危機が始まったのは5年前の2010年頃です。以来、若者の2人に1人が

失業するなど、経済危機がずっと続いていたのです。

職を失い、希望を失った「ロストジェネレーション」と呼ばれる若者たちの多くは

5年前から海外移住をしたり、本質的な豊かさを求めて田舎に移住しました。

そんなギリシャの「ロストジェネレーション」世代の若者たちを追った

ドキュメンタリー映画を去年公開しました。

ハッピー・リトル・アイランド ― 長寿で豊かなギリシャの島で―』です。

主人公たちが移住した先は、ギリシャの離島で世界的に長寿で有名な島、

イカリア島。仕事も、お金も、物もほとんどないこの島で、イカリア人達は

意外にも「死ぬことを忘れる」ほど幸せに暮らしているのです。

2015-07-08-1436324216-9468739-photo3.jpg

100歳以上のおばあちゃんはこう言います。

人生は美しいものよ うまく生きられるならね

人生を楽しめないなら死んだ方がマシよ

欲しいものは手に入らないかもしれないけど、

必要なものが手に入る場所、イカリア島。

幸せ経済社会研究所所長で環境ジャーナリストの枝廣淳子さんは、

映画『ハッピー・リトル・アイランド』を見てこう分析します。

土地が豊かなわけでも、大きな産業があるわけでもない小さな島で、

人々は元気で幸せで長生きするという。その秘密は、日本にもかつて

豊かにあったものであり、いま各地でふたたび見出され、実践が始まって

いるものだった!若者たちの等身大の姿を通して、新しい時代の

懐かしいキーワードを発見できる映画だ。

どこか懐かしく、心が豊かになる場所。

そんな心豊かに暮らせる島にギリシャの若者たちが向かう姿は、

日本でも多くの若者が、本当の豊かさを求めて田舎暮らしをするために

地方に移住していく姿に重なります。

関根健次・公式ブログ http://sekinekenji.info/ より