BLOG

マーシャル諸島では12年間毎日、広島原爆級の核爆弾1.7個相当分が爆発していた

2015年08月05日 22時49分 JST | 更新 2016年08月04日 18時12分 JST

今週広島の原爆ドームに行ってきました。ボーイスカウトの世界大会が今年は日本で開催されることから、世界中からやって来た多くの若者たちを目にしました。原爆の悲惨さが、こうやって世界中の若者たちが知ることになることは大変素晴らしいことに思いました。

広島、長崎の教訓を活かし、人類が二度と同じような経験をしてはなりません。毎年8月6日と9日は日本や世界中の人々が核廃絶を願う日ですが、広島、長崎後に、マーシャル諸島では、12年間毎日、広島原爆級の核爆弾1.7個相当分が爆発していたことをご存知でしょうか。核の被害は、"戦後"も続いていたのです。

2015-08-05-1438757034-2599535-7936245876_562b33c9c3_z.jpg

1954年3月1日にアメリカがマーシャル諸島のビキニ環礁で、「ブラボー」と名付けた水爆実験で広島型原子爆弾約1,000個分の破壊力のある爆弾を投下したことは、日本の遠洋漁船「第五福竜丸」が巻き込まれたことからそれなりに知られているかと思います。

しかし、マーシャル諸島で行われた核実験を調べてみると、想像以上の規模かつ被害を現地住民が受けていたことに驚きました。

『核ゼロ』署名には、以下の事実が書かれています。

●1946年~1958年

マーシャル諸島は、この期間、アメリカ合衆国の核実験場となっていました。

●67

核実験場であった間、マーシャル諸島で67個の核爆弾が爆発しました。

●1.7

12年間毎日、広島原爆級の核爆弾1.7個相当分が爆発していました。

●1,000倍

アメリカがマーシャル諸島で爆発させた核爆弾のうち最も大きなキャッスル・ブラボーという核爆弾は、広島の核爆弾の1000倍以上。

広島、長崎後もアメリカは、このようにマーシャル諸島の人々を苦しめる核実験を繰り返していたのです。

「我々と同じような苦しみを他の国が絶対に味わうべきではない」

マーシャル諸島共和国 トニー・デブルム外務大臣

マーシャル諸島での核実験については、ドキュメンタリー映画『ニュークリア・サベージ 極秘プロジェクト4.1の島々』で詳しく知ることができます。

このドキュメンタリーは、核実験による放射能汚染によって島民が島には住めなくなり、伝統的な生活はほとんど消え去り、島を追われた16,000人もの人々が25平方キロメートルしかないスラム化した島、イーバイ島に収容されるように詰め込まれ、住んでいる事実などが明らかにされます。そしてアメリカ政府の極秘の被ばく実験の被験体になってきたという衝撃的な内容も、公開されたアメリカ政府の機密文書によって明らかになります。

2015-08-05-1438757069-6344323-ns.jpg

「連中は私らで人体実験したんだ」

「私の曽祖母が死んだ時も連中はやってきて遺体を切り裂いた。瓶に詰めて持ち去った」

マーシャル諸島共和国 トニー・デブルム外務大臣は、こう主張します。

「何人かの市民は放射性物質を混ぜた液体を飲むように強要された」

「放射性物質吸収を調べるため核実験で高濃度に汚染された島々に早期の「帰還」を行った」

信じがたい証言ですが、原爆が投下された国が日本だけではないことは事実であり、先住民として差別されたマーシャル諸島の人々が、今も原爆症で苦しんでいることを『ニュークリア・サベージ 極秘プロジェクト4.1の島々』は知らせてくれます。

去年、マーシャル諸島共和国は核保有9ヶ国を相手取って核軍縮を求める裁判を起こしました。原爆投下され、甚大な被害を受けた日本もますます核廃絶を訴えていくべきだと思います。そして、「核なき世界」の到来を心から望みます。

関根健次・公式ブログ http://sekinekenji.info/ より