BLOG

アメリカ人にアップルパイを焼いてもらいながら聞いてみた。「アメリカの家庭料理と言えば?」【世界の食卓を旅する動画 vol.24アメリカ編】

2014年12月24日 00時32分 JST | 更新 2015年02月21日 19時12分 JST

世界の家庭料理をめぐる旅!こんにちは、KitchHikeの浅利泰河です。

「イタリア料理」「中華料理」のように、当然ながら料理は国名と一緒に表現されることも多いですが、「アメリカ料理」ほどピンと来ない言葉も珍しいのではないのでしょうか。

この記事のメニュー:Clam Chowder in a Bread Bowl

COOKプロフィール:アメリカ人のキャラさん

やっぱりハンバーガー? それともBBQ? 一体「アメリカ料理」とはどんなモノ??

今回はその疑問を、料理が大好きなアメリカ人の口から語ってもらいました。

2014-12-18-_004.png

今回自宅で料理を作ってくれるのは、東京の綾瀬にお住まいのアメリカ人、キャラさん。

普段は個人で英会話スクールを運営している彼女は、たまに生徒さんを集めてパン焼き教室を開いたりもするそう。

2014-12-18-11.png

そんな料理好きの彼女が今回作ってくれたのは、「クラムチャウダー」と「アップルパイ」の2品。

なるほど、どちらもアメリカ料理と言えそうです。

この日はアメリカからキャラさんのご両親も来日されて、家族で素敵なハロウィーンの真っ最中。

生まれたばかりの赤ちゃんも大興奮です。

準備を終えたら、早速調理スタート!

まずはクラムチャウダーの器となるパンから作ります。

ハロウィーンや赤ちゃんの話題で盛り上がっているその横で、イースト菌がかなりの繁殖っぷり。ちょっとやりすぎたかしら、とはにかむ表情を見せるキャラさん。

テーブルで生地を伸ばし、形を整えたらオーブンへ。

アサリは茹でで殻が開いたものから順に、ざるにあげてクラムチャウダーの具材にします。

チャウダーを煮込み始めたら、次はアップルパイ。

何個かわからない程の数のリンゴの皮を剝き、砂糖やシナモンを満遍なく塗り込みます。先ほどの残ったパン生地の上にリンゴを円形に積み上げ、上から網目状の蓋を作るようにパイ生地を乗せていきます。

形を整えたらまたもやオーブンへ。

焼き上がったパンはナイフでくり抜いてお皿にし、その中にクラムチャウダーを注いでいきます。

2014-12-18-004.jpg

あつあつのクラムチャウダーは寒い冬には最高の逸品。「アップルパイ用にお腹を空けておいてね!」と言われますが、おいしいとなかなか人の箸、いやスプーンは止まらないもの。

アップルパイを焼いている間、キャラさんに「アメリカ料理って何?」と質問してみました。

少し考えたキャラさんですが、「アメリカは移民の国。色んな文化が混ざりながら、それぞれ独立しているの。その全体がアメリカね。ファストフードも中華料理も和食のレストランも、アメリカ人はみんな【アメリカン・ フード】と思って自然に食べて気がするわ」とのこと。

ちなみに、今回作ってくれたクラムチャウダーやアップルパイも、いわゆる「古き良きアメリカの家庭料理」であり、現代の家庭で実際に作る人は少なくなってきたとのこと。

少し質問を変えて、「では、キャラさんにとって代表的なアメリカ料理と言えば?」と聞いてみると、「そうね、ホットドッグ、ハンバーガー、シチュー、ステーキ、そしてミートローフとピザね」とかなり非常に具体的な回答が。うーん、アメリカ料理は一筋縄ではいきません。

2014-12-18-003.png

アメリカ料理の話題で盛り上がっている内に、どうやらアップルパイが香ばしい香りとともに焼き上がったようです。今はなき?古き良きアメリカを堪能しつつ、今回の KitchHike を終えました。

食べたくなってしまった人は予約をして、アメリカ家庭料理のCOOK、キャラさんの食卓を訪ねてみよう!

この記事のメニュー:Clam Chowder in a Bread Bowl

COOKプロフィール:アメリカ人のキャラさん

値段:US$25~35

場所:東京メトロ千代田線北綾瀬駅より徒歩10分

*日本在住外国人COOK特集ページを見てみる

2014-12-18-Caramenu873x1024.jpg

KitchHikeについて

世界の家庭料理を旅しよう!

KitchHikeは、世界中の食卓で料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイトです。

日本に住む外国人COOK特集

日本に住む外国人の食卓で、本場の家庭料理を味わってみませんか?

人気の外国人COOKのメニューを見て、実際に食べに行ってみよう!

【関連記事】

Facebookの公式アカウントをフォローする

(2014年12月23日「KitchHike マガジン」より転載)