Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

KitchHike Headshot

楽しくておいしいだけじゃない!たくさんの「ありがとう」でいっぱいのマレーシアの家庭料理体験でした。

投稿日: 更新:
印刷

はじめまして、ご当地スーパー巡りが大好きな野菜愛好家、さやかです。 ずっと楽しみにしていたKitchHike、ついに体験してきました!ビビさんのホスピタリティあふれるおもてなしと、おいしいマレーシア料理についてお伝えします!

きっかけは、KitchHikeのホームページで見た「日本で味わう外国人の家庭料理」 特集で目を引かれたのがBibiさんの料理でした。「ココナッツミルクとアロマの香りで味付けしたナシレマッ (ピーナッツ、キュウリ、卵、チリソースのタコ、チキン)」......いったいどんな料理だろう?

2016-08-24-1472042256-893468-IMG_2938_R.jpg
こちらがナシレマッ!うーん、どんなお料理なのか、気になる!

今まで食べたことがなかったマレーシア料理に興味をもち、コンタクトをとるとその日のうちに予約が完了!KitchHike当日は友人と二人でドキドキしながら玄関のベルを鳴らしました。にこやかに出迎えてくれホッと一安心。彼女のお子さん二人も、かわいい笑顔で出迎えてくれました♪ビビさんには、10歳にまだならないお子さんがいらしゃるのですが、マレー語と英語と、日本語も少し話せるそうです......!ん〜!色々楽しみです。

■初心者でも分かりやすい!ビビさんといっしょにお料理


エプロンもばっちり装備して、ビビさんのマレー料理教室が始まりました。

2016-08-24-1472042225-4866755-IMG_2930_R.jpg
初めてのマレーシア料理!どんな風にして作るのか楽しみです!

キッチンには全ての材料が使うタイミングごとに準備されていました。見たことのない材料がたくさん。写真の直径約3cmのタマネギみたいな野菜は、タマネギではなく、「シャーロット」というそうです。スパイスもフェヌグリーク、パンダンリーフなど聞くのも初めてなものが多かったです。
「どこで手に入るの?」と聞いたところ、どうやら新大久保にマレーシアへの扉があるみたいです (笑)。また、「材料が覚えきれない!」という私達のために、ビビさんは材料とレシピの紙を印刷してくれていました。

シャーロットは薄くスライスです。皮の剥き方も日本のタマネギとは異なるため、ビビさんは丁寧にレクチャーしてくださいました。

2016-08-24-1472042201-9943722-IMG_2917_R.jpg
シャーロットは見た目が小さいタマネギのように見えます。

2016-08-24-1472042179-5863174-IMG_2919_R.jpg
ご飯は炊飯器で炊くそうなので、自分の家でも挑戦出来そうです!

実際に自分たちでやってみると案外これが難しい。シャーロットをきざんだら、スパイスと一緒にご飯を炊きます。

「ナシレマッ」のココナッツご飯は、普通の炊飯器で炊けるそうです。これならおうちでも「ナシレマッ」が作れそうですね!ご飯は香り米として名高い高級インディカ品種、バスマティというものを使用しています。

そして、ココナッツミルクを入れて、軽くまぜます。

2016-08-24-1472042149-2898230-IMG_2920_R.jpg
ココナッツミルクを加えて、かきまぜます

ココナッツミルクは1缶全部使うのですが、缶に残ったココナッツも水を少量いれて無駄なく使います。見習わねば!
次に、ご飯に添えるエビのチリソース炒めを作ります。ビビさん手作りのチリソースベースは、トウガラシを水で煮て、ミキサーにかけたものだそうです。様々な材料を投入して手際よくチリソースを完成させるビビさん。

2016-08-24-1472042127-2393576-IMG_2950_R1.jpg
チリソースを作っています。辛くて良い匂いが充満してきました。

水分がどれぐらいになるまで煮るか、エビはどれぐらいの時間加熱すればよいかなど、丁寧に教えてくださいました。
そうこうしているうちに、炊飯器からココナッツミルクとハーブのすてきな香りが......!いよいよお腹がすいてきました。

2016-08-24-1472042102-7531605-IMG_2931_R.jpg
炊飯器から炊きあがってきたご飯のいい匂いがしてきました〜!

さて!ご飯も炊きあがり、おかずも出来上がったところで味見担当のビビさんの旦那様 (とっても優しそう!) のお墨付きもいただいいて、待ちに待ったランチタイムに突入です!

2016-08-24-1472042079-1821729-IMG_2939_R.jpg
右手でいただきます!

ココナッツとスパイスとピリ辛のソースが混ざり合って、食欲が止まらない美味しさです。マレーシアの伝統的な食べ方、ということで、右手でいただきました。慣れない食べ方に私は苦戦しましたが友人は「自分は右手でナシレマッを食べる才能があるに違いない。」と、モグモグ (笑)。

一皿食べ終えると、「恥ずかしがらないで、おかわりして食べてね!」とビビさん。そして遠慮なくおかわりをいただきました〜!マレーシアではお客さんに食事を出すときに「タマラギ」という言葉をかけるらしく、「もっと食べてね!」という意味だそう。お客さんをおなか一杯にしようというマレーシアのホスピタリティを、広尾で感じることができました。

■マレーシア流のティータイム


本当におなか一杯になったところで、ビビさんは消化を助けるジンジャー入りの紅茶を作ってくれました。高いところから別のコップに注ぐことで、紅茶をまぜまぜします。これがマレーシアで一般的な紅茶のお作法だそうです。日本の茶道のようなものでしょうか。

2016-08-24-1472042048-8942487-IMG_2961_R.jpg

ティータイムではなんと嬉しいなことに、デザート付きでした!蒸したサツマイモを入れたココナッツミルクのお菓子と、ビビさんお手製のカップケーキです。当然のことながら、甘い物は別腹!!お菓子と紅茶をいただきながら、おしゃべりを楽しみました。

カップケーキがおいしいな~、と思っていたらなんとビビさんはお菓子作りの先生をしていたこともあるそうです。どうりで初心者にもわかりやすい料理教室だったんだ~♪

■人生の素晴らしさを再発見できたような素敵な一日!


ちなみにビビさんは来日してまだ3ヶ月、とのことでした。KitchHikeのほかに日本語の勉強や田舎での農業体験など、様々なことに挑戦されているそう!お話を聞いていて、「ビビさんみたいに、やってみたいと思ったことにどんどん挑戦すると人生楽しくなりそうだな」と感じました。ビビさんのお子さんもとってもフレンドリーで、色々なマレーシア料理について教えてくれました。

初めてのKitchHike、楽しくておいしいだけでなく、心に残る体験になりました。日本にいながら知らない文化に触れることができ、新鮮な体験ができました。そして何より、ビビさんという素敵な女性とおしゃべりして、人生の素晴らしさを再発見できたような素敵な一日でした。ごちそうさまと、たくさんのありがとうの気持ちです。KitchHike、おすすめです!

【KitchHikeとは?】
世界の家庭料理を旅しよう!
KitchHike(キッチハイク)は、料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をつなぐマッチングサイトです。
魅力あふれるCOOKたちがたくさん登録しています。
COOK自慢の手料理、"食"のワークショップ、海外の家庭料理など、ふつうでは体験できないおいしいメニューを公開中!
あなたの地域から、気になるCOOKを探してみない?

2016-10-17-1476671368-2351539-popupimage1.JPG

2016-10-17-1476671837-3819826-popupbutton.png

【人気記事ピックアップ】

Facebookの公式アカウントをフォローする

(「KitchHike マガジン」より転載)