栗原 潔
栗原 潔さんの最新投稿情報を受け取る
日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職。ITコンサルティングと弁理士業務を並行して行なう。専門分野はITインフラ、ビッグデータ、ソフトウェア特など。訳書に「ライフサイクル・イノベーション」(ジェフリー・ムーア)、「オープン・ビジネスモデル」(ヘンリー・チェスブロウ)等。

東京大学工学部卒、米MIT計算機科学科修士課程修了。技術士(情報工学)

栗原 潔さんによる記事一覧

「おじいちゃんのノート」の特許を分析する

(0) コメント | 投稿日 2016年01月07日 | 16時59分

「特許」と言われているのに、実は出願しているだけだったり、「実用新案」だったりというケースがたまにありますが、このノートはちゃんと特許化されています。

記事を見る

鳥貴族の鳥二郎商標に対する異議申立は認められませんでした

(0) コメント | 投稿日 2015年06月30日 | 10時35分

「鳥二郎ロゴの商標登録(5698660号)に対して鳥貴族側が異議申立を行なっており、現在進行中」と書きましたが、その決定が出ました。

記事を見る

カバー曲をCD化する場合に作曲家サイドへのあいさつは必要か?

(0) コメント | 投稿日 2015年06月24日 | 10時33分

今回は、もっと基本的な話としてカバー曲をCD化する時の元歌の作曲家に対して何が必要かという話をしましょう。

記事を見る

持ち歌の不本意なカバーをされた時に歌手は著作権法的に何ができるのか?

(0) コメント | 投稿日 2015年06月23日 | 09時18分

ある歌手が昔の持ち歌をカバーされたことに苦言を呈したという事件がありました。そこで、持ち歌を不本意にカバーされた歌手は著作権法上何かできるのかを論じたい。

記事を見る

鳥貴族対鳥二郎裁判:アメリカだったらどうなるか

(1) コメント | 投稿日 2015年04月28日 | 11時19分

単に紛らわしいからと言って、損害賠償や差止めが認められるわけではありません。まず、商標権についてはどうでしょうか?

記事を見る

コルビジェのジェネリック家具は著作権的にどうなのか?

(0) コメント | 投稿日 2015年04月22日 | 15時34分

著作権は芸術作品を保護する法律であり、大量生産品は意匠権で保護すべきということなのですが、裁判所の判断には常にそうなるわけではありません。

記事を見る

Apple Watchがスイスで当面販売できないという報道について

(0) コメント | 投稿日 2015年04月16日 | 08時37分

iPhone Maniaという媒体に「アップル、スイスでは商標権からApple Watchは当面販売できない」という記事が載ってます。

記事を見る

芸人の一発芸を商標登録することはできるのか?

(2) コメント | 投稿日 2015年04月11日 | 14時41分

例として、日本エレキテル連合の「ダメよ〜ダメダメ」の彼女達自身による音声を商標登録出願したとしましょう(もう古いですがあくまでも例なので)

記事を見る

日本でも音の商標が登録可能になります

(0) コメント | 投稿日 2015年03月12日 | 14時03分

今年の4月1日より、商標法の改正によって日本でも音の商標が登録可能になります。

記事を見る

沢田知可子「会いたい」の著作権問題について

(1) コメント | 投稿日 2014年12月13日 | 12時16分

沢田知可子さんのヒット曲「会いたい」の作詞家、沢ちひろさんが沢田さん側のレコード会社と事務所を著作者人格権侵害で訴えたというニュースがありました。

記事を見る

ミスタードーナツはセブンをパクリで訴えることができるのか?

(0) コメント | 投稿日 2014年12月11日 | 09時09分

ドーナツに限らず料理や食品の外観を知的財産権で守ることはできないのでしょうか?

記事を見る

Google Glassの使いやすさを大きく向上させるかもしれない特許について

(0) コメント | 投稿日 2014年11月30日 | 15時31分

Google Glassのようなヘッドマウント型ウェアラブルデバイスを真の意味でユーザー・フレンドリーにするにはどうしたらよいのでしょうか?Googleが最近取得した米国特許がひとつのヒントになるかもしれません。

記事を見る

Google Glassが失敗したのはデザインのせいなのか?

(0) コメント | 投稿日 2014年11月28日 | 16時35分

かつてはいろいろと話題になったGoogle Glassですが消費者向けプロダクトとしては失敗したというのが業界のコンセンサスになりつつあるようです。

記事を見る

未来のルンバは人命救助をするかもしれない

(1) コメント | 投稿日 2014年11月12日 | 16時14分

発明は人の手助け、たとえば介護、警備、メッセージング・サービス等を提供するロボットを想定しています。ハード的には米国ですでに販売されているビジネス向けロボットのシリーズであるAvaを想定しているように見えます。

記事を見る

猫でもわかる国際出願(PCT出願)

(0) コメント | 投稿日 2014年10月28日 | 12時24分

STAP特許出願でちょっと注目を集めている国際出願制度(PCT出願)について、ちょうど良い機会なので、説明しておきましょう(細かい手続き上の話は省略します)。

記事を見る

WikiLeaksが暴露したTPP知財条文案−著作権保護期間はどうなっているのか

(5) コメント | 投稿日 2014年10月21日 | 13時53分

パロディ作品などの権利者も一応黙認しているグレーゾーンに対して非親告罪化によって第三者が告発できるようになるのは問題だと思いますので、少なくとも日本が提案した条件は是非入ってほしいと思います。

記事を見る

中村教授のノーベル賞受賞は職務発明規定改正論に影響を与えるか

(8) コメント | 投稿日 2014年10月10日 | 14時51分

日本人のノーベル物理学賞受賞は大変うれしいニュースでしたね。ところで、報道で知った方も多い(実は私もそうですが)中村修二カリフォルニア大教授はすでに米国籍になっていたのですね。

記事を見る

iPhone用スケルトンパネルを売ると何の罪に問われるか

(2) コメント | 投稿日 2014年10月04日 | 11時41分

iPhone5用の透明バックパネルを売っていた(正確には販売目的で所持していた)人が商標法違反容疑で逮捕されたという事件がありました。

記事を見る

スティーブ・ジョブズ最後(?)の発明:その意外な中味

(5) コメント | 投稿日 2014年09月26日 | 10時18分

アメリカのQAサイトQuora で知りましたがスティーブ・ジョブズを発明者とする特許出願がつい最近の9月18日に公開(20140277850 )されています(公開されただけでまだ権利化はされていません)。

記事を見る

iPhone6のかっこ悪いポイントと特許との関連について

(3) コメント | 投稿日 2014年09月16日 | 09時41分

Phone6のカメラ回りのデザインがかっこ悪いということで、一部のユーザーから批判の声が出ています(たとえば、ZDNetの記事 )。筐体を薄型にしたために、カメラのレンズがちょっとだけ飛び出しているのがあまりにもダサイということです。確かに、「美は細部に宿る」という観点から言うと、ちょっとAppleらしくないというか、最近のスマホらしくないデザイン上の妥協だと思います。

記事を見る