Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ランサーズマガジン Headshot

『農家とWebデザイナー』複数の職を持つ働き方:小澤氏

投稿日: 更新:
印刷

2013-12-28-img013580x320.jpg

複数の職を持つ働き方の存在が社会的に認知されつつある現在、本業と副業を両立させるなかで、金銭面以外のメリットや楽しみを見いだす人も多いのではないだろうか。

特に、フリーランスとしての副業は本業以外の様々な世界を垣間見るチャンスであり、本業をより充実させるためのスパイスになるかもしれない。

「本業も副業もどちらも仕事ですが、お互いが息抜きにもなり、俯瞰して見る為の時間でもあります。」と語る小澤氏も、二つの職業を両立させることにやりがいを感じている一人である。

Web制作会社勤務から農家へと転身した同氏は、それまでの経験を生かしフリーランスのWebデザイナーとしても活躍している。今回は、フリーランスの醍醐味や仕事の両立に対する姿勢についてお話を伺った。

■暇つぶしから副業としての位置付けへ

Lancersを利用することとなった「きっかけ」を教えてください。

私は、10年間ほど都内のWeb制作会社でWebデザイナーとして働いておりました。

その頃に、海外のクラウドソーシングを参考程度に閲覧していて、日本にも同様のサービスがあるのではないか、と思い検索してみたところ、たまたまヒットしたことが「Lancers」との出会いです。

ただ、Web制作会社に勤務している時は副業としてではなく、ちょっとした暇つぶし程度で利用していました。

現在は、実家である山梨にて、農業に従事しております。道楽で農業をしていると思われがちなのですが、わりと本格的な農家です。それと並行して、フリーランスのWebデザイナーとしても活動しています。

日中は、主に果樹栽培などの農業に携わり、深夜にデザインの仕事をするといった感じです。実際にフリーランスで働くようになり、以前と比べLancersの利用頻度は増しました。

現在、Lancersではどのようなお仕事が中心になっているでしょうか?

ほとんどがWeb制作に関わる仕事です。デザインからサイト構築全体までを承っております。

具体例をあげると、個人・法人の静的なWebサイトのデザイン・コーディングや、WordPressなどのCMSでのサイト構築、スマートフォンサイトの作成、アプリサービスのデザインなどがあります。

クライアント様によっては、Webから派生してロゴや紙デザインの対応もする事があります。

2013-12-28-ozawa2.png

■全てのフローにコミットできる、それがフリーランスの面白さ

Lancersをご利用いただくことで解決したこと/出来たことは何でしょうか?

業種を問わず多くのクライアント様に出会えた事でしょうか。Lancersには様々な案件がありますので、いろんな世界に関われて楽しいですし、自分のデザインの幅を広げていただいているように感じます。

また、デザイン、ディレクション、コーディング等のフィニッシュワークはもちろん、お金のやりとりまで全てのフローにコミットできることが、フリーランスの面白さの一つだと感じています。

その点、Lancersはフローが見易いので、仕事の管理に重宝しています。

Lancersのお仕事で工夫されていることがあれば教えていただけますでしょうか?

クライアント様とは基本的に、メッセージだけでやり取りをします。ほとんどのクライアント様は顔も見たことがない、声も聞いたことがない方です。

様々な方がいらっしゃいますし、状況やプロジェクトも各々違います。そのため、メッセージに書かれた情報を追っていくだけでは意向をくみ取ることが難しい場面も出てきます。

ですから、メッセージに記載されていることだけでなく、行間からクライアント様の意向や人となりなどの情報をできる限り拾うように心がけ、想定される以上のものをサービスとして提供できるようにしています。

また、私の本業である農業にご理解を頂いているクライアント様が多く、大変ありがたく感じています。そのような方々とお互いに利益を得られるような関係を築いていけるように努力しております。

■この案件が、次につながる。だから、全力投球

フリーランスとして働く意義/やりがいはどのようなものでしょうか?

まずは、責任感を負うことです。以前の私が責任感を欠いていた、というわけではありませんが、フリーランスとして活動している以上、仕事に関係することは全て自分で行うので、言動の結果は全て自分に返ってきます。

言動ひとつひとつに責任感を持って仕事しています。責任感を負うことを、いまは結構楽しんで出来ています。

仕事に関していうと、やればやっただけ、次の案件につながっていくように感じられます。

ですから、まずは直近の案件ひとつひとつに全力投球するように心がけています。

Lancersでの仕事は自分の提案自体がショーケースになっていますので、現状のクライアント様だけでなく、将来クライアント様になりえる方々の判断材料になるように、どの仕事にも手は抜けません。全てを全力で提案しています。

また、私の場合、本業の農業と副業のWebデザイナーで、"オン" "オフ" を切り替えられるところも良いところかもしれません。

本業も副業も私にとってはどちらも仕事で "オン" "オン" なのですが、まったくの対極にある作業ですのでお互いが息抜きにもなり、俯瞰して見る為の時間でもあります。両方の仕事に良い影響を与え合っていると言えるでしょう。

2013-12-28-ran1.png

今後どのようなお仕事をされていくご予定でしょうか?

現在、私が個人で受けているWeb関連の仕事の3~4割程度がLancersでの仕事です。Lancersでの仕事管理は便利なので、割合をちょっとずつ増やしていこうとは思っています。

基本の生活の中心は【農業】ですので「フリーランスの仕事は副業」というスタンスは変わりません。

本業に負荷がかからないように続けていければと考えています。


もちろん、どちらも全力で。

ランサー事例記事一覧へ

クラウドソーシング「ランサーズ」