BLOG

「女性起業家サロン」で聞く、起業ってどうすればできるの?(イベントレポート)

2017年07月22日 16時36分 JST

6月初旬、都内の会議室に集まった100名近い女性たち。そこでは「女性起業家サロン」のオフラインイベントが開催されていました。この日サロンに集まっていたのは、「すでに法人として起業している」「個人事業主、フリーランス」「今後何かをしたいと思っている、副業している人」の3パターンの人たち。自身の事業をPRしたいと思う人、同じ志を持った女性たちと繋がりたいと思う人、まずは起業のヒントを欲しいと思う人...... 会場には「起業」に一歩踏み出した女性たちの、そのパワーと熱気があふれていました。

2017-07-18-1500353196-7975156-a.jpg

イベントはトークショーからスタート。サロンの主催者でもあり、日本の育児スタイルに革命を起こした、1時間1000円〜スマホで呼べるシッターサービスを運営する株式会社キッズラインの経沢香保子さん、スマホの写真を売買できる「Snapmart」の江藤美帆さん、家事代行マッチングサービス「タスカジ」の和田幸子さんの3人が、ご自身のビジネスを始めたきっかけや、スピード感をもって事業を立ち上げるコツ、リスクとどう向き合ったかなどをお話。

例えば、テーマの見つけ方や、資金繰りの話、テストマーケティングの重要さ、旦那様や家族のサポートなど...... 先輩女性起業家たちのリアルな体験談は、非常に興味深くためになることばかりで、参加者は熱心にメモを取っていました。

印象的だったのは「女性で良かった?」のお題に対して、3人のパネラー全員が「YES」の回答をしたこと。女性は助けてもらったり、わからないことも教えてもらったりしやすい、と女性であることのメリットを挙げていました。同時に経沢さんからは「数字の結果を出す」ことも重要とアドバイス。女性の起業は仕事の規模やコミット度が男性の起業に比べると低く思われがち。しっかり数字を出すことで本気を見せることも大事とのこと。

トークショーの後は、1分間のPRタイムや参加者たちの交流会が行われ、すでに起業している参加者に刺激をもらったり、普段ひとりでビジネスをしている参加者は同じように頑張っている女性起業家と思いを共有していたりと、いくつかに分かれたグループから沢山の活発な会話が生まれていました。

何から始めればいい? 3人の女性起業家からのメッセージ

2017-07-18-1500353284-8817154-a.jpg

「女性起業家」と聞いて、人によっては自分とは縁遠いと感じるかもしれません。それでも、漠然と憧れている人や、起業してみたいなーと思っている人は多いのではないでしょうか。そんなLAXIC読者の皆さんのために、イベント終了後、3人のパネラーの皆さんが起業のアドバイスをくださいました。

新規事業を立ち上げるチャンスを狙う

和田さんからは、今いる会社の中で新規事業を立ち上げることがあれば、ぜひそのチャンスをつかみ、経験を積むと良いというアドバイスが。和田さん自身が企業に所属していた時代に新規事業を立ち上げた経験があり、企画書作りやリスクマネージメント、テストマーケティングの大切さを学んだそう。仕事に対するモヤモヤの解消のための起業なら、あえて急いで退職するより、会社に属しながら色々と学ぶ方が、その後のキャリアに活かせるとのこと。

そして、やりたいことが決まったら、色々な人に話してみることも大事なポイント。それによってどう人が反応するのかを見たり、課題を見つけたりできる。さらに、事業計画も明確になっていくので、積極的に話す機会を作ることがオススメとのこと。

職の選択肢が減るなら起業もあり

江藤さんは年齢のことも言及。「40代になると転職するにしても選択肢が減っていくのも事実。それなら起業してしまうのも良いのかもしれない」と、自分の可能性を自分で作る起業の在り方を提案してくださいました。例えば週末起業など、ちょっとしたことから始めていくのもひとつのやり方。女性は良い意味で男性よりリスク低くチャレンジできるのも、女性起業のメリットとして挙げてくださいました。

まずはブログで発信しよう。「対お客様」を意識

最後に経沢さんからは、モヤモヤしているならブログを書くと良いとアドバイスが。自分の頭の中が整理されるので、アウトプットの場として最適だそう。また対お客様を意識する訓練にもなるそう。会社に属している間は、ある意味社長がお客様。でも、起業すれば世の中がお客様です。ブログを書き始めて見ると、どうやって読者を集めるんだろうとか、どう発信すると興味を持ってもらえるかを学ぶことができます。

他にも、対お客様を意識するには、「ヤフオクや江藤さんのSnapmartなど、世の中の"個人が稼げる場"を活用するといいですね。売上を上げる勉強になるので。そして、起業に興味がある人へ。正しいことをコツコツやり続けていれば、必ず成功します!」とエールをいただきました。

2017-07-18-1500353411-4887213-a.jpg

<女性起業家サロン>「起業で社会を変えたい」という目標をもつ本気の女性起業家たちのための会員制オンラインサロン。コーディネーターの経沢香保子さんを中心に、様々な分野で活躍するゲストコメンテーターによる、専門的なスキル獲得から最新トレンド分析など、様々なコンテンツを学ぶことができる。同じ志を持つ女性起業家たちとの長い繋がりが築けるのも魅力。

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon

【ライター 島村 律子】

小さい頃からお稽古好きで、20代は3回の留学も経験。WEBデザイナー時代に自社サイトの取材執筆を担当したことから、エディター業をスタート。雑誌編集に10年携わる。育児の合間を縫って英語の勉強を再開したり、ゴルフをしたり、ワークショップを主催したり...... と、自己向上も積極的に活動中。

■合わせて読みたい記事

これだけやっておけば、フリーランス起業はうまくいく?

起業家パワーママの秘訣は実家・姉夫婦と協力し「家族は10人、子どもは皆で育てる」方式。

【LAXIC編集長対談】「世の中的正解」を選ばされるような生き方からは卒業しよう!76世代編集長が語る、女性活躍推進の矛盾

----------------------------------

ワーママを、楽しく。LAXIC

----------------------------------

LAXICは、「ワーママを、楽しく」をキャッチフレーズに子育ても仕事も自分らしく楽しみたいワーママやワーパパ、彼らを取り巻く人々のための情報を集めたWEBメディアです