ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

LAXIC Headshot

学習机は必要? リビング学習の実態とメリット

投稿日: 更新:
印刷

「子どもがなかなか自分から進んで勉強しない」という悩みを持つ方は多いと思いますが、その勉強場所で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

リビングなのか、学習机なのか......。子ども部屋がある場合、親の目を盗んでゲーム三昧なんてこともありそうですよね。

リビングだと家事やテレビの音がうるさい、あるいはきょうだいが騒いで集中できないといったデメリットを思い浮かべがちですが、意外にメリットも大きいようです。

リビング学習のメリットとは?


2017-06-09-1496985557-3067500-l_142_1e1496149745428.jpg

最近はリビングで勉強をする子どもが増えているようで、ネットや雑誌などでも「リビング学習」の記事を目にすることが多いですよね。では、そのリビング学習、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。簡単に挙げてみると......

  • 親の目を盗んでマンガやゲームなどができない
  • 疑問に思ったことを、すぐ親に聞ける
  • 親の姿が見えるので安心する
  • 頑張っている姿を褒めれば、子どものやる気アップ

親が何となく見ているという、程良い緊張感がいいのかもしれませんね。

そして、子どもに質問されてそれに答える、それにちょっとプラスして雑学も教えてあげるという豊かなコミュニケーションにもつながります。

小学校高学年になってくると、聞かれても答えられず「うっ」と詰まってしまうことも多いですが......。

実際にリビング学習を実践しているご家庭の事例をご紹介します。

リビングではパパが先生!


2017-06-09-1496985647-2636336-l_142_1e1496149745428.jpg

〔Kさん/子ども9歳〕

<リビング学習になった理由やきっかけは?>

小学校1年の1学期間くらいは学習机で勉強していましたが、あまりに質問してくるので、リビングのテーブルでやるようになりました。

<子どもの学習机はありますか? いつ買いましたか?>

小学校1年生の時に買いましたが、勉強はそこではまったくやらず、プラモデルを作るときだけ使っています(笑)

<リビング学習で感じているメリットやデメリット>

息子は夕飯が終わってから勉強(宿題ですが)するのですが、その時間はすでに主人も帰ってきているので、質問に答えたり教えるのはほぼすべて主人。大切な「パパとのコミュニケーション」の時間になっていると思います。デメリットは、テーブルの上に、学校からもらってくるプリント類が常に散乱していることかな......

パパとの時間を勉強時間で確保できるっていいですね。子どもにちょっと小難しいことを教えちゃったりして、パパが尊敬される存在になっていくかも!?

受験勉強もリビングで


2017-06-09-1496985817-3512616-a.jpg

〔Yさん/子ども14歳、7歳〕

<リビング学習になった理由やきっかけは?>

長女が自分の部屋で勉強していると思ったら、ゲーム・マンガ三昧だったことが判明したので、リビング学習に切り替えさせました。

<子どもの学習机はありますか? いつ買いましたか?>

あります。長女が小学校2年生のとき、友達の家で見た学習机に影響されてほしくなったらしく、強烈にねだられて買いました(笑)

<リビング学習で感じているメリットやデメリット>

何と言っても勉強をしている間はゲーム・マンガが禁止できること、それを監視できることです。結局、受験勉強もそのままリビングでしていましたね(と言っても、塾の学習室の方が多かったですが)。その当時まだ保育園の双子のきょうだいが騒いでいる中、よくできるな、と逆に感心していました(笑) デメリットは、特に感じませんでした。中学2年になった今は、反抗期なのか(?)自室の自分の学習机で勉強しています。

確かに、親の目がないとどうしても好きなことに手が出て、勉強がおろそかになってしまいそう。そうなると、強制的にリビングに送り込まれてもしょうがないのかも(笑)

しかし、宿題とは違う、難易度の高い受験勉強をリビングでやるって、ある意味相当集中力が鍛えられそうです。

中学生になった今も、がっつりリビング学習


2017-06-09-1496985998-980542-l_142_1e1496149745428.jpg

筆者の子どもたち(13歳、10歳)も自分の部屋があるにも関わらず毎日リビングで勉強していますが、確かに上記のメリットにあやかっていると感じています。

<リビング学習になった理由やきっかけは?>

低学年までは普通に「勉強はリビングでするもんだ」と親子で勝手に思っていましたが、高学年くらいになったら自分の部屋でやるのかと思いきや、部屋に一人でいるのが怖いという情けない理由でそのままずっとリビング学習。しかも、現在中学1年の長男はいまだにリビングで勉強しています。「同じ空間にいてなんとなく監視されてる感じのほうがやる気になるんだよね」だそうです(笑) 今小学5年の長女もつられてずっとリビングでやっていますが......

<子どもの学習机はありますか? いつ買いましたか?>

中学1年生の長男は、小学校1年生の時に買ったものがありますが、この7年間「物置」と化しています。長女は持っていませんし、今3歳の次男もこの分だと当分買わないと思います......

<リビング学習で感じているメリットやデメリット>

メリットは、やはり「あ、やってるやってる」と親が実感できること。たまに覗き込んで「今こんなことやってるんだ」という勉強の進み具合も分かります。デメリットは...... 夕飯の時間になっても「まだやってるから!」と言われ、テーブルが片付かないことがある、くらいですね。

2017-06-09-1496986113-6088611-l_142_1e1496149745428.jpg

いかがでしたか。今回は3家族のケースを紹介しましたが、多くのパパやママたちがリビング学習にメリットを感じているようです。

親は子どもの勉強姿を見ることができる、子どもはなんとなく見守らている安心感がある、というのが大きなポイントなのかもしれません。

リビングか学習机かと迷う前に、「子どもがもう小学生だけど、まだ学習机を買っていない!」というママもいると思います。

全員が全員「小学校1年生になったから、ランドセルと学習机を買う」「○年生になったから学習机で勉強!」なんてことはないのです。

上記の記事を参考にしていただき、そしてお子さんの性格や勉強への取り組み方などをよく検討してから学習机を買うのもいいかもしれませんね。

【ライター 田崎 美穂子】
元大学出版会編集者、大学生向けのテキスト編集を担当。小学校5年、3年、1歳児の母。ママ友ネットワークを駆使した共感できる記事を執筆

■合わせて読みたい記事
子どもが宿題を全然やらない! どうすればやる気になってくれるの?

どうすれば自発的に勉強してくれるの? 子どものやる気を出す魔法の声かけ

ワーママでも PTA本部役員はできる? PTA本部徹底解説

----------------------------------
ワーママを、楽しく。LAXIC
----------------------------------
LAXICは、「ワーママを、楽しく」をキャッチフレーズに子育ても仕事も自分らしく楽しみたいワーママやワーパパ、彼らを取り巻く人々のための情報を集めたWEBメディアです