Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Lealta(レアルタ) Headshot

"マルチタスク"ではなく、一つのことに集中する"シングルタスク"のススメ

投稿日: 更新:
印刷

"マルチタスク"とは、複数のタスクを同時に行うこと。例えば職場で、電話をしながら他の人へのメールを書いたり、資料を作ってみたりすることありませんか? そしてマルチタスクをしていると、何となく効率的に仕事をこなしているような気分になりますよね。

でもとある研究によると、実はマルチタスクは生産性を最大40%も下げてしまうという結果に! そもそも人間は2つ以上のことを同時にできないようになっているので、"マルチタスク"という呼び方自体間違っているそうです。では私たちがマルチタスクをしているような気になっている時、実際は何をしているのかと言えば、別々の作業を瞬時のうちに切り替える"スイッチタスク"なのだとか。

ただし、これは生産性を下げてしまうものには変わりありません。一つのことに集中している時よりも、ミスが増えたり作業スピードが低下してしまい、タスクが複雑になればなるほどこの確率も高くなってしまいます。作業を切り替える"スイッチタスク"を1回行うのにかかる時間は0.1秒と瞬時ではあるものの、「塵も積もれば山となる」で、スイッチタスクばかりしていると結局生産性を大きく下げてしまうことに。 ※1

前述の通り、人間は2つ以上のことを同時にできません。これは、人間はタスクを一つずつしか認識できないということ。だから電話をしながら他の人へメールを書いている時など、実は認識できているのはどちらか一つのタスクのみ。だから相手の会話を聞きのがしてしまったり、誤字脱字のあるメールを送ってしまうなどの確率は自然と高まります。また、マルチタスクという名のスイッチタスクは、非効率的なだけでなく、ストレスも高めてしまうという研究結果もあるので、一つずつこなしていくのがよさそうです。 ※2

では"マルチタスク"ではなく、"シングルタスク"にシフトしていくとどのような良いことがあるのでしょうか?

1. 目の前のタスクに腰を据えて向き合えるようになる
2. 普段なら後回しにしたくなる難しい仕事を進められる
3. ストレスが軽減する
4. 時間の無駄(生産性の低い会議など)に耐えられなくなり、より集中するようになる
5. 価値があること、楽しいと思うことに対して集中的に時間を投下できるようになる
※3

こんなにメリットがあるなら今すぐにでも実践したいと思いますが、いきなりシングルタスクにシフトしていくのはなかなか難しいもの。でも例えば、いつもなら会議に携帯を持って行ってしまうけれど、それをやめてみる......などというちょっとした変化を加えてみるだけで、会議により集中することができるようになります。大切なのは、シングルタスクを普段から意識すること。そして徐々に、それぞれのプロセス、順序、要領などを大切にしながら、物事を一つ一つ丁寧に正確に行っていく習慣を身につけていきたいですね。

脚注
※1 American Psychological Association、Multitasking: Switching costs、2006年3月20日
※2 Richard Seven、"Plugged into it all we're stressed to distraction"、 seattletimes.com
※3 Peter Bregman 、"How (and Why) to Stop Multitasking"、Harvard Business Review、2010年5月20日

Close
机でできるストレス解消法
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

シングルタスク とは - コトバンク - Kotobank

一流の研究者の集中力(2)超シングルタスクのすすめ - Lifehacking.jp

ついマルチタスク偏重になりがちなアナタへ、改めてシングルタスクのススメ

マルチタスクが脳に及ぼす影響と予防策 | IT Leaders

仕事の効率を高める第一歩は、生産性には浮き沈みがあると認めること