Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

桑原りさ Headshot

"地上の楽園"ハワイでホームレス問題が深刻化 現地ルポ

投稿日: 更新:
印刷

幸せを感じずにはいられないこの風景。楽園の島ハワイで、10月16日、非常事態宣言が発令された。深刻化するホームレス問題の打開策の必要性を訴えるためである。非常事態宣言に伴い、居住先の無い個人や家族を収容するための予算として、州政府は130万ドル(約1億5600万円)を拠出すると発表した。

hawaii

現在、ハワイ州のホームレスは7000人を超え、この1年で10パーセント以上も増加している。また人口に対するホームレスの割合は、全米で最大の水準である。その実態を探ろうとホノルルの街を歩いたところ、数十メートルおきにホームレスを確認することができ、ホームレス問題の深刻さを実感した。

【多様なホームレス】

hawaii

hawaii3

hawaii4

ショッピングカートで移動生活する人や、歩道にじゅうたんを敷いて生活する人も。ビーチのシャワーで身体や服を洗うことができるためか、一般の旅行者に見えるほどこぎれいなホームレスや、薄汚れたボロボロの衣服をまとい異臭を放つホームレスまで、実に様々だった。

【家族で生活するホームレス】
ワイキキビーチから車で10分程離れた所には、家族でテント暮らしをするホームレスたちがいた。

hawaii5

テントが並んだエリアに足を踏み入れると、一番手前のテントには、お父さん、お母さん、2歳位の男の子、そして大きな犬と小さな犬が生活していた。私が「お子さんにチョコレートをあげてもいいですか?」と尋ねると、強い口調で「ノー!」と返ってきた。話を聞くには手強い相手だと判断し、次のテントの様子を伺おうと奥に進んだ。すると長い棒を振り回す少年たちの集団が目に入ってきた。万が一彼らに囲まれてしまったら・・・と身の危険を感じ、急いで引き返した。

テントから少し離れた、海やテントを一望できる丘の上に移動した。すると、1つ目のテントの家族のお母さんが私を追いかけてきて、「あなた、なんでここに来たのよ」と強い口調で私に尋ねてきた。まさか『ホームレスを生み出すハワイの社会問題を取材したくて・・・』とは、口が裂けても言える状況ではなかった。人の気配も無くピリピリとした空気が漂う中、恐怖感を感じた私は「日本から来たんですが、迷い込んでしまいまして・・・」と答えると、「あなたが私たちを写真に撮るのを見たのよ。なんで撮影するのよ!」と、私を睨むお母さん。一瞬言葉に詰まったが、「いや、この景色のシーンの1つとして撮影しただけで・・・」と精一杯の言い訳をする私。

すると、彼女は「今ホームレスが大きな社会問題になっているの、知ってるわよね?私自身もホームレスなの。ここに連日メディアがきて、まるで動物みたいに私たちを撮影して、さらしものにして。冗談じゃないわよ!」と。おっしゃるとおりだ。自己嫌悪に陥りながらも、『でも、報道によって問題が顕在化して、そこから解決の糸口を見いだせることも・・・』と心の中で言いかけたが、押し殺した。代わりに、不快な思いをさせてしまったことを謝罪すると、彼女の表情が少しやわらいだ。そして「もしご迷惑でなければ・・・」と手持ちのお菓子を差し出したところ、彼女は少しだけ微笑んで受け取ってくれた。

この楽園の島でホームレスが増え続ける背景はいったい何なのだろうか。州政府の対応、そしてハワイの住民たちはこの現状をどう捉えているのかを、引き続き報告します。

他のサイトの関連記事

ハワイ州知事、ホームレス増で非常事態宣言 「暖かいから」と移り住む ...

ハワイでホームレス非常事態!希望のホームレス・ワールド ... - TRiPORT

ハワイでホームレス非常事態!希望のホームレス・ワールドカップとは

ホームレス増加の米ハワイ州が緊急事態宣言、家屋整備など

ハワイでやってはいけない16のこと くれぐれもご注意を