BLOG

断捨離でストレスを減らす10の方法

2017年03月06日 15時32分 JST | 更新 2017年03月06日 15時32分 JST

photo

乱雑さがストレスを生む。

現代はあまりにも忙しく、ストレスを避けるのは不可能に近い。あらゆる種類の刺激が際限なくあふれ、モノや人々があなたの注意を引こうと争っている。

ストレスから完全に逃れるのは現実的ではないかもしれないが、ストレスに対処する方法はある。身の回りのモノが多すぎるとストレスは高まる。

生活の中で「モノ」が増えれば増えるほどあなたの集中力や思考は消費され、ストレスも高まっていく。ストレスを減らしたいなら、断捨離から始めるのが良い。

人によっては、断捨離には時間がかかるかもしれない。あなたがどれだけ多くの「モノ」を持っていて、それにどれだけ愛着があるかにもよるだろう。

しかし一度何かを手放してしまったら、後悔することはない。そのプロセスには解放感があり、あなたが人生で新たな経験をするための後押しをしてくれる。

ストレスを減らし、生活の断捨離を始めるための10の方法を紹介する。

1. 一度も読んだことがないようなメールの購読をやめる。

あらゆるメールがあなたの注意を引こうとしていて、集中力の妨げになる可能性がある。注意を向ける価値がないものは消すべきだ。あとで必要になったとしても、いつでも購読を再開することができるのだから。

2. 衝動買いをやめる。

衝動買いをするときは、誰かにそうするよう仕向けられていることが多い。よく考えていたら、その買い物はしなかったのではないだろうか。衝動買いはあなたにとって本当にほしかったり必要だったりしない「モノ」を溜め込むことにつながる。

3. 悪影響を与える人とは距離を置く。

これは重要だ。あなたの時間やエネルギーを消費させ、見返りにほとんど何も与えてくれない人がいたら、あなたがその相手に対してどれだけの愛情を持っているかよく考えてみたほうがいい。今後もその人をサポートしていきたいのか、付き合いをやめるのか見極めよう。

4. ソーシャルメディアのアカウントはすべて消去するか整理する。

オンラインのアカウントが多いほどあなたは注意力が奪われているように感じ、アカウントをチェックしなければならないという義務感が強まる。本当の友人ならあなたがTwitterをやめても友情は変わらないだろう。

5. 部屋を清潔にし整理整頓する。

目が覚めて、散らかった部屋が目に飛び込んでくると、1日にどんな影響を与えるだろうか。寝る前に汚い部屋を目にしたら、睡眠にどんな影響が出るのだろうか。程度の差こそあれ、どちらも想像以上に悪影響を及ぼすだろう。

6. クローゼットをチェックし、もう着ない服や必要ない服は捨てる。

着ない服をたくさん持っているという人は多いのではないだろうか。着ないなら捨ててしまおう。身の回りの断捨離をすることで、自分の内面の断捨離にも効果がある。

7. 自分の所持品をすべてチェックし、あなたの人生の価値を高めてくれないものは捨てる。

ポップコーンメーカーやPS3を最後に使ったのはいつだっただろうか。何年も使っていないなら、中古品店に持っていこう。

8. スマートフォンに入っている使わないアプリを削除する。

使わないアプリを削除することで、注意力の妨げになる可能性のあるものを減らすことができる。

9. 書類はファイルにまとめ、必要ないものは捨てる。

身の回りに様々な書類が散らばっているのもストレスの原因になる。生活の心配を減らすために、書類はファイルにまとめたり、古くなって必要ないものは捨てたりして整理してしまおう。

10. 車を掃除する。

車に乗る時間が長いなら、汚い車内はあなたに悪影響を与えるだろう。車内に必要ないものは片付け、ゴミはきちんと捨て、掃除機や拭き掃除で清潔にしよう。

これらは生活の中の断捨離のほんの一例だ。他にも様々なアイデアがあるだろう。このムーブメントに参加して、自分の人生を取り戻そう!

ハフィントンポストUS版より翻訳しました。