Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

池原真佐子 Headshot

失敗のススメ 〜もしも人生をやり直せるなら、今度はもっと沢山失敗をしたい〜

投稿日: 更新:
印刷

コラムニストでリプロエージェント代表の勝部元気さんと、
8月11日の"山の日"に、失敗を共有し笑い飛ばす女子会を開催することになった。

今までに参加表明をしてくれているのは、意外なことに
バリバリと働く"かっこいい"女性達。
そんな女性達が、「失敗を自慢し合う」そんな不思議な会。

普段、私たちは自分の失敗を人に話すことは少ない。
ましてや、他人の失敗を聞く機会も少ない。

失敗はよくないこと、失敗は恥ずべきこと、失敗は未熟な証拠...
そんな風に思い込んできたのかもしれない。
いや、そんな風に教えられてきたような気がする。

でも。

失敗したってことは、
挑戦したってことでもあるんじゃないか。
カッコいいことなんじゃないか。

そんなことをふと思いついたとき、
そんな失敗たちを、みんなで笑い飛ばす会があってもいいじゃないか。
しかも女子会だったら、楽しそう。
私と勝部さんは、そう思ったのです。

最近は、「1つの成功体験より100の失敗を共有しよう」という風潮も出てきて、
起業系イベントなどでは、起業時の失敗を共有するイベントなども増えてきた。

だけど、こと女性同士になると、
親友以外では、失敗を共有しあうことは少ない気がする。
「しくじっちゃった」を、武勇伝的に語ることはちょっぴり恥ずかしい。

日々、私が目にするSNSの投稿では、
特に女友達の、キラキラした日常がいつも溢れている。

かっこいいなぁ、素敵だなぁ、とため息をついたりすることもあるけれど、
でもこんな"かっこいい女子たち"が、
実は裏で沢山失敗してきた、なんて話を聞けたら、
とても勇気づけられるかもしれない。

そんな話をしていたら、友人に、
こんな素敵な本を教えてもらった。

2016-08-08-1470647651-9084113-201608051470405352884048513957449_858672897600412_766399306_n.jpg

アメリカの片田舎の、85歳のおばあちゃんが書いた詩の本。

もしも人生をやり直せるなら、
今度はもっと沢山失敗をしたい。

余計な力を抜いて もっとリラックスして過ごす。
そして、おかしなことを、たくさんする。

もうなんでも、深刻にうけとめることは、やめる。
チャンスがあれば、なんどでも、挑戦する。

(中略)

きっと今よりも、問題は増えるかもしれない
でも、頭の中だけの、心配ごとは減るだろう

(以下略)

"もしも人生をやり直せるなら" ディスカヴァー・トゥエンティワン

さあ、あなたが85歳になったとき
どんなことを後悔しますか?

もっと多くの女性たちが
失敗を自慢し笑い飛ばせるようになればいいな
そんなことを願います。