BLOG

妊娠中のインフルエンザ予防接種、おなかの子への影響は?

2016年01月20日 16時00分 JST | 更新 2017年01月18日 19時12分 JST

妊娠中の母親がインフルエンザワクチンを接種した場合、子供に影響するでしょうか。スウェーデンで地域の調査による研究が行われ、その関連性について調査が行われました。

2016-01-13-1452665139-2763973-.jpg

◆出産 275,500件を対象に分析

スウェーデンの137,886人の母親から275,500件の出産について、インフルエンザ接種データと出産の特徴および子供の死亡率のデータを関連付けました。その結果、41,183人の子供では妊娠中に母親がインフルエンザワクチンを接種していました。第一に妊娠中にワクチンを接種しなかった母親と接種した母親を比較しました。そして、第二に母親が妊娠中にインフルエンザワクチンを接種したときに産まれた子どもと、接種しなかったときに産まれた兄弟姉妹を比較しました。

◆妊娠中のインフルエンザワクチン接種は、子供の死亡率に関連性なし

この研究の結果、妊娠中のインフルエンザワクチン接種は子供の死亡率と関連性がないことが示唆されました。対照となった一般集団との比較では、死産、生後1週間(7日)以内に起こる早期新生児死亡、生後満7日~28日未満に起こる後期新生児死亡の確率にはいずれも統計的な違いが見られませんでした。

インフルエンザワクチンを接種する方が多くなる季節ですが、妊娠中のインフルエンザワクチン接種は、近親者の病歴を考慮しても、胎児への悪影響や子供の死亡率に影響しなかったという結果は、妊娠中にもワクチン接種を考える際の参考になると思います。

メドレーでは症状や治療、予防に関するインフルエンザQ&Aや、全国の流行予測を行っている流行対策特設ページを公開しています。記事とあわせてご覧いただき、ぜひインフルエンザの予防にお役立てください。

◆参照文献

Maternal vaccination against H1N1 influenza and offspring mortality: population based cohort study and sibling design. BMJ. 2015 Nov 16

元記事▶▶母親のインフルエンザワクチン接種は子供の健康に影響するか?

【関連記事】