MiLI
MiLIさんの最新投稿情報を受け取る
 
最新の脳医学や心理学の研究成果にもとづいて、個人の幸福と組織の発展を両立させる新しいリーダーシップを探ります。

MiLIさんによる記事一覧

グーグル、フェイスブック、セールスフォースのマインドフルネス

(0) コメント | 投稿日 2016年06月23日 | 21時39分

自分の成長に対し責任を持ち、自主性を養う風土こそ、優秀な社員を惹きつけ、切磋琢磨をうながし、業績に繋がっているのではないか。

記事を見る

デジタルを遮断する経営者たち

(0) コメント | 投稿日 2016年04月22日 | 15時00分

著名なビジネスリーダーたちの多くがリピートする「リトリート」ってそもそも何?

記事を見る

すぐ不安になる人のためのマインドフルネス

(1) コメント | 投稿日 2016年02月06日 | 21時22分

彼の言う日本の強みであり弱みとは、ズバリ「秩序」を求めることに対する完璧さ。

記事を見る

自動思考の罠にはまらない3つの習慣

(0) コメント | 投稿日 2016年01月20日 | 14時59分

「人間が考えることの95%は毎日同じことの繰り返し」(精神科医ダニエル・エイメン博士)。

記事を見る

すぐできる!今年こそマインドフルネス瞑想を始めてみようと思っているあなたへ

(0) コメント | 投稿日 2016年01月13日 | 13時05分

最近ではイギリス国会などでも取り入れられるようになったマインドフルネスや瞑想は、世界的にも自己管理の王道となりつつある。

記事を見る

トップアスリートが瞑想をする5つの理由

(0) コメント | 投稿日 2015年10月27日 | 16時35分

トップアスリートの中には、瞑想などの方法でマインドフルな状態を目指すものも多い。そこには、ビジネスマンにも応用可能な5つの理由があった。

記事を見る

間違いだらけのポジティブ思考

(0) コメント | 投稿日 2015年08月10日 | 18時40分

ネガティブでいるよりもポジティブでありたいと思うのは当然のこと。しかし「いつもポジティブを目指す」と言うのは、はたして本当に良い結果をもたらすだろうか?

記事を見る

恩送りができる人の脳が示す未来

(6) コメント | 投稿日 2015年07月17日 | 23時09分

なぜ恩返しという言葉にくらべて、恩送りという言葉はかくもマイナーなのだろう。

記事を見る

〝明るい北朝鮮〟で、これからの叡智を探ってみた

(1) コメント | 投稿日 2015年06月22日 | 22時29分

シンガポールを、現地のある人が「明るい北朝鮮」と表現していました。それは生活満足に裏打ちされた知的ジョークなのか、本音をオブラートに包んだメタファなのか。

記事を見る

「求める人物像」を明確に伝えることの危険と非効率

(1) コメント | 投稿日 2015年06月15日 | 19時23分

会社では「期待する人物像」を従業員に伝えるのは、大事なことだというのが共通認識ですが、これは効果的でないどころか、へたをすると逆効果にさえなるかもしれません。

記事を見る

思いやりが、ビジネスのメインストリームに躍り出る日

(0) コメント | 投稿日 2015年06月02日 | 18時16分

「思いやり」の心を持つことが、あなたの脳に利益を与える・・・と言ったら、なに言ってるの、この人ぉ・・・と、かなりの確率で思われるのではないだろうか。

記事を見る

従業員支持率100%、成長率40%、600億円企業のCEOはその秘訣を「思いやり」と断言

(0) コメント | 投稿日 2015年03月30日 | 18時33分

100%従業員から支持される唯一のCEOという枕詞について、ジェフ・ウェイナーは、「これより上はありえないから、今後はどうなるかわかるだろう?」と笑っていた。

記事を見る

ホンダのベストセラー商品からみえてくる、限界を突破する思考法

(0) コメント | 投稿日 2014年11月27日 | 19時33分

「もっといい会社にしよう」とか、「もっといいモノ、いいサービスをつくろう」、と思ったとき。それをリアルに考えると、さまざまな限界がみえてくる。多くの人が経験する、「ほんとうにやりたいこと」ができない限界。それを乗り越える思考を教えてくれる、ホンダの2つのベストセラー商品がある。

記事を見る

次世代リーダーに向けたシリコンバレーのコーチング

(0) コメント | 投稿日 2014年11月03日 | 10時36分

欧米でTEDに追いつく人気のWisdom2.0会議が、Coaching & Business Cultureというテーマ―で分科会を行うと聞き、シリコンバレーの中心地マウンテンビューへ出向いた。

記事を見る

嫌な会話をしたら、その6倍は楽しい会話をしよう

(2) コメント | 投稿日 2014年09月21日 | 22時14分

活力のある組織の理想的なポジネガ比率は、6(ポジティブ):1(ネガティブ)とされている。つまり組織の問題点を議論しあったら、その6倍は職場の可能性について語り合う。そんなことをふつうにできる組織が望ましい、ということになる。

記事を見る

社会と会社を変える「上質な妄想」とは

(3) コメント | 投稿日 2014年09月13日 | 15時28分

ボストンに留学時代、よく友人たちとよくたむろしていたのがMITメディアラボだった。いつ行っても不夜城のごとく学生がたむろし、おもちゃやパズルのようなものが床に転がっていた。そんな当時(1989年)のメディアラボは、ニコラス・ネグロポンテのリーダーシップの元、学生たちが自身の手で「世界初」「世界最大」のイノベーションを生み出す場だった。そこで私が得た最大の学びの一つ、それは「上質な妄想」の大切さだ。

記事を見る

「立ち直りの早い人」になる4つのポイント

(2) コメント | 投稿日 2014年08月29日 | 21時37分

世の中には立ち直りの早い人と遅い人がいる。そして、誰でも「早く立ち直る力」を鍛えられる、という話をしたい。立ち直るスピードを、生まれつきの性格と片づけるのは非科学的だ。なぜなら、どこから性格の違いが生まれるかは、まだ解明されていないからだ。よく「これは私の生まれもっての性格」と言うが、あれは出所不明の性格を便宜的に結論づけているにすぎない。

記事を見る

ウェルビーイング(心身の健康)の世界的権威が語るリーダーシップの革命~ディーパック・チョプラ博士へのインタビュー~

(2) コメント | 投稿日 2014年08月23日 | 18時34分

このたび弊社では、ウェルビーイング(Well-being=身体的、精神的、社会的に良好な状態であること)の分野における世界的第一人者で、著書も世界で2000万部を超え発行されている、ディーパック・チョプラ医学博士にインタビューさせていただく機会を得た。博士は近年、ケロッグ経営大学院、コロンビア大学経営大学院でリーダーシッププログラムを教え、そしてビジネス向けマインドフルネストレーニングとして注目されているSIY(Search Inside Yourself)プログラムにも登壇が決定するなど、ビジネス分野でのリーダーシップにもその叡智を拡げている。

記事を見る

シリコンバレーの人材育成リーダーが挑むスロービジネス

(1) コメント | 投稿日 2014年08月15日 | 16時50分

グーグル、ツイッター、リンクトイン。日本でもお馴染みのIT、SNSの花形企業から、組織開発、人材育成部門の若きリーダーが一同に会した。

記事を見る

心に抱く不公平感と身体の痛み、脳で起きていることは似ている

(1) コメント | 投稿日 2014年07月07日 | 14時09分

年収"1億円プレーヤー"の経営者、役員が増えている。10億円近い年収を得るカルロス・ゴーンさんと、日産社員の平均給与の格差は約143倍だ。

記事を見る