Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

MiLI Headshot

インテル社が導入、「瞑想で業績を上げる」マインドフルネスプログラム

投稿日: 更新:
印刷

■ インテル、マインドフルネス入ってる!

先頃、インテル社は世界10万人の従業員に対し、9週間にわたる瞑想の基本的なトレーニングをベースとした、マインドフルネスプログラムの展開を決定した。

10万人を対象にしたグローバルな研修を一挙に展開、というだけでも多くの経営者やビジネスパーソンは驚くだろう。しかもそれが瞑想とあらば、なおさらのこと。

この「マインドフルネス」という概念が注目される背景に、さまざまな仕事のパフォーマンス(営業成績、定着率、労働災害の減少など)を向上させるEI(エモーショナルインテリジェンス)との因果関係があることは、前回のブログでお伝えした。

今回は冒頭に述べたインテル社を含む二つの調査結果をご紹介しながら、マインドフルネスとビジネスパフォーマンスの関係を探ってみたい。

mind

【マインドフルネスとは】

様々な定義があるマインドフルネスだが、端的に言うと「今・ここで自分の内面と外で起こっていることに、しっかり意識を向けること」であり、その結果「自分の感情・思考をより明確に認識し、つながりを感じ、創造・直感力を発揮しやすい」心の状態を指す。(詳しくは弊社HPにてこちらで解説。)

最近ではEI、リーダーシップ、エンゲージメントを高めるメンタルトレーニングとして、Google、General Mills、Target、など大手各社やハーバードビジネススクール、クレアモント大学でも採用され、注目を浴びている。(ハフィントンポスト2013年7月8日の記事より)

マインドフルネスは、健康(免疫力↑、痛み・炎症↓)、メンタルヘルス(うつ、不安症、ストレス↓)、人間関係(EI・思いやり↑、寂しさ↓)、自己管理力(感情の制御、内省力、注意力↑)、生産性(集中・注意力、記憶力↑)などの効果があることが科学的に実証されている。(Psychology Today 2013年9月11日"20 Scientific reasons to start meditating today"より)

そして重要なのは、このマインドフルネスの状態を創る能力は、トレーニングによって誰もが改善できるということである。
その基本トレーニングは、呼吸を意識して「今・ここ」を一瞬一瞬受け入れ続けるメディテーション(マインドフルネストレーニング、インサイトメディテーションとも言う)である。
そう、「ビジネスの業績を上げたければ、メディテーション」なのだ!

こんなラディカルなアプローチが世界中のトップリーダー達に広まっており、スティーブ・ジョブズは有名な例であるが、ハフィントンポスト創設者アリアナ・ハフィントン氏、脳科学者のデイビッド・リチャードソン博士など次々と瞑想実践者であることを「カミングアウト」しているのである。

【マインドフルネスのビジネスへの直接的影響】

多くの企業研修と同様に、マインドフルネストレーニングのROI(投資利益率)は未知であるが、最近2つの強力なリサーチ結果が発表されている。

1.インテル社でのマインドフルネスプログラム(Awake@Intel)
The Guardian紙2014年4月8日There is no price tag on a clear mind: Intel to launch mindfulness programでは、インテル社が1500名もの従業員に対して行ったパイロットプログラムのビフォア&アフターの調査結果を発表している。

10点満点自己評価で:
ストレス・切迫感 -2ポイント
幸福感 +3ポイント
新しいアイデア・気づき +2ポイント
心の明晰さ +2ポイント
クリエイティビティ +2ポイント
集中力 +2ポイント
人間関係 +2ポイント
エンゲージメント +2ポイント
(=プロジェクト、チームワーク、ミーティングでの取り組みの深さ)

この結果をもって、インテルは「クリアな心に値段はつけられない」と、ROIの情報なしに世界10万人の従業員に対し、9週間のマインドフルネスプログラムを展開することを決定したのである。

⒉.外食産業のマインドフルネス査定とパフォーマンス・離職との相関
マインドフルネスには個人差があり、それが仕事のパフォーマンスと離職傾向にどう相関があるか、という興味深い統計的調査も最近発表された。

Rice大学Erik DaneとUniversity of TulsaのBradley J. Brummelの統計的リサーチ"Examining workplace mindfulness and its relations to job performance and turnover intention (2013)" では、102人のアメリカ南西部の外食チェーンのウェイトレス・ウェイター対象に、下記の3つについての相関を確認した*:
1.各自のマインドフルネス度合
2.上司による仕事の評価
3.本人の離職希望の程度

そこでわかったことは下記の3点であった:
A. マインドフルネスはパフォーマンス(上司による評価)と正の相関がある。
B. マインドフルネスは本人の離職希望の度合いと負の相関がある。
C. マインドフルネスは将来のパフォーマンスを予測するうえで、他の主要要素(活力、専念など)より大きな差をうむ。

*MAAS(Mindful Attention Awareness Scale)というマインドフルネスの査定を行い、マネジャーによるパフォーマンス評価と、本人による離職希望度合、そのほか影響要因(忙しさ、マネジャーごとの査定の個人差、他)を統計的に調整し、統計的に有意差のある相関がみられるかどうかを調べた。

以上をふまえて、Google、Facebook、SAP、LinkedInを始め各地で最も評価の高いマインドフルネスプログラムを展開しているSIYLIのCEO、マーク・レサー氏のこのビデオメッセージをご覧いただきたい。
Q「マインドフルネスはビジネスの何と関係があるか?」
A「全て」

【補足:基本のマインドフルネストレーニング】

※マインドフルネスとEIのトレーニングとして、GoogleやSAP、LinkedInで採用され、Times、New York Times、Wired、The Guardian各誌で高く評価されているSIY(Search Inside Yourself )が弊社MiLI主催で日本初上陸します。28%お得な超早割は5月31日まで。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)
理事 木蔵(ぼくら)シャフェ君子

Close
7 Fascinating Facts About Meditation
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド