ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

MiLI Headshot

いつも「ひとこと多い人」の脳で起きていること

投稿日: 更新:
印刷

■ 失言、したことありますか?

小さな失敗まで掘り起こせば、誰でも一つや二つは思い当たるふしがあるのではないか。

時に失言は命取りになる。その一言によって辞職、謹慎、降格に追い込まれた人の名前も、一人や二人、誰もが思い浮かぶはずだ。もしや身近なところにも?

だが、もっと恐ろしいのは、あなたが失言とは思っていない(実際に、それほど強烈なインパクトを残すものではない)、言わばプチ失言のほうである。これは自覚がないぶん、日々繰り返される。そして習慣化されていく。たとえば、なんだか気になる口癖、のように。

だからといって、あなたのキャリアや組織に、ただちに危険が及ぶものではない・・・点が、怖いのだ。

私は「上司のコミュニケーション」というものを20年来扱ってきているので(自分が今なお妻に失言を繰り返しているにもかかわらず・・・汗)、それが部下のモチベーションを下げ、組織のパフォーマンスを蝕んでいくリアリティを体験しつづけている。

■ さいきん、どんな判断ミスをしましたか?

しかし事は単にコミュニケーションにとどまらない。人間は言語を通して高度な思考をしている。言語を持たない動物にも思考はあるが(専門的には「思考」をどう定義するかによって解釈は異なる)、それは目の前に対象物がある場合に限定される(よって知覚的思考と呼ばれる)。

社内会議の席上にはいない取引先の担当者や顧客を思い浮かべながら、相手のニーズを汲んで施策を考える、なんていうウルトラC的な思考は、言語なしには不可能である。ある意味、これが天から与えられた人間の特権だ。

こうして高度な判断や意思決定が行われるわけだが、そこで、もういちど思い返していただきたいのが失言だ。失言というのは、人間の得意技である言語的思考のエラーが、わかりやすく顕在化したもの、と解釈できる。ということは、こうしたコミュニケーション上の失敗と同じような意思決定のエラーが、日々あちこちで繰り返されているということだ。それがコミュニケーションとして表に出ているか、裏で動いているかの違いだけである。

そこで、「なんとかの意思決定」というより分かりやすい失言について、そのメカニズムを探る意義が深まる。失言の経緯がわかれば、判断や意思決定のエラーについても、今までにない対策を打てる可能性が出てくるからだ。

仕事や人生において最善の判断ができる確率を高め、誰もが求める成功や幸せ(その定義はさまざまであるにせよ)を実現する手立てが、ここにあるかもしれない(!)。

■ いつも「ひとこと多い人」を、治す手立て

私たちは、「ビジネスにおけるパフォーマンスを高める」という観点から、脳医学をベースとした企業研修やエグゼクティブ対象のコーチングを提供している。脳において人の本能を司るのは、脳幹と呼ばれる場所だ。ここから大脳辺縁系という場所に情報が伝わり、ここで情動(一般的には感情と理解していただいてもよい)がつくられる。

仮の話で恐縮だが、ある著名な政治家でオリンピック委員会のリーダーでもあるような要人が、一人の期待されているアスリートの本番でのミスを目の当たりにしたとしよう。期待値の大きさと結果のギャップは、その要人の心を激しく揺さぶる。つまり、一時的な激しい感情=情動が湧き起こるのだ。

その結果、記者やカメラマンたちの前で、「あの子、いつも大事なときに転ぶんだよね。なんでなんだろう」・・・なんていうセリフを吐いてしまうかもしれない。

これはフィクションだが、十分あり得る話ではないだろうか(笑)。

要人は後で孫からきつくお説教されたりするのだが、残念ながら、私もあなたも、すべての人が、この要人と同じメカニズムから逃れることはできない。

そのメカニズムとは、言語を通じた人間的な思考よりも先に、「悔しい~」とか「ふざけるな」とか「またかよ」といった、目の前の対象物(この要人の場合はテレビ画面だったと思うが)に関する知覚的思考=動物的思考をしてしまう、ということだ。

これは性格だとか好みだとか、そういう日常的な次元の話ではない。言語的思考は生物学的に見て後から発達した、大脳皮質という場所がディレクションしている。そして都合の悪いことに、ここで情報を受信できるのは、生物学的な先輩である大脳辺縁系より後なのだ。

2014-04-26-HU0416_ol_cs3.png

■ 脳をアップデートする
 
よく「頭に血が上る」などと言うが、あれはまさに脳の先輩である大脳辺縁系が、忙しく働いている状況を示している。こうして生まれた情動に関する情報が、なんら制御されないまま後輩の大脳皮質に送られると、動物的なままの状態で言語的思考が働いてしまう。これが失言のメカニズムであり、いわゆる拙速な判断、近視眼的なものの見方による意思決定、それがもたらす失敗の元凶ともいえる。

もちろん、脳の仕組みだから仕方がない・・・で結論づけるしかないのなら、誰もが前述した要人になってしまう。しかし実際はそうでないことは、あなたが期待するとおりである。

実は情動というのは、きわめて簡単なトレーニングを正しい方法で継続すれば、多くの人が制御できるようになる。言語を通した人間的思考を操る大脳皮質の特定部位の厚みを増すなど、ちゃんと科学的に可視化できるかたちで脳をアップデートできるのだ。

このハフィントンポストの創設者であるアリアナ・ハフィントン氏も提唱している、マインドフルネスという概念、そしてその実践法が、まさにそれだ。

次回は、その内容についてご紹介させていただこうと思っている。
  

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)理事 吉田 典生

Close
7 Fascinating Facts About Meditation
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド