高野己保
高野己保さんの最新投稿情報を受け取る
2002年 9月 佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
2002年10月 医療法人社団養高会 高野病院 事務長代理就任
2006年 4月 社会福祉士資格取得
2007年 4月 精神保健福祉士資格取得
2008年 4月 医療法人社団養高会 高野病院 事務長就任
2012年 4月~
2014年10月 特別養護老人ホーム花ぶさ苑施設長兼務

父親である医療法人社団養高会理事長が院長を勤める高野病院の事務長に、2008年4月に就任。
病院の立地町は、2011年3月の東日本大震災時にともなう東京電力原子力発電所事故により一時屋内退避区域となった。それにより町は行政機能を、県内の他の地域に移し、町には患者さん100名と十数名のスタッフのみが残ることになった。治療に専念する院長に代わり、外部との折衝等すべてを行い、双葉郡で唯一病院を閉鎖することなく、現在も診療・入院機能を継続している。
2011年10月から原発事故により一時閉鎖した、隣接する特別養護老人ホーム花ぶさ苑を再開するために尽力、翌年4月に再開し施設長を2014年10月まで兼任する。コミュニティが失われた地域にあって、必要とされる地域の医療と福祉を死守すべく日々奮闘している。
2014年3月には当時の様子からその後の出来事が記録された「高野病院奮戦記 がんばってるねじむちょー」が東京新聞出版部から出版された。

高野己保さんによる記事一覧

「和解の本当の意味は??」

(0) コメント | 投稿日 2016年11月15日 | 15時08分

私達が東電と繰り返し行った交渉の長い道のりを紹介したいと思います。

記事を見る

「地域医療を考える人はだれ??」福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記第9回

(0) コメント | 投稿日 2016年10月28日 | 11時15分

平成30年4月をめどに、双葉郡富岡町に「ふたば医療センター(仮称)」30床が開院されます。しかし、総事業費のことを聞き、複雑な感情を持たざるを得ませんでした。

記事を見る

「就業規則を改定しましょう!!」 福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記 第8回

(0) コメント | 投稿日 2016年09月23日 | 16時35分

東京電力との賠償金に関する交渉で一つのカギになるのは、「就業規則」だと言います。

記事を見る

「加害者がルールを決めるの??」 福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記 第7回

(2) コメント | 投稿日 2016年08月16日 | 11時37分

震災後の平成23年6月、社会保険の診療報酬が425,559円という振込通知書を見たときは、足元から体が冷たくなっていくのを感じました。

記事を見る

避難と外部からの支援の途絶と 福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記 第4回

(1) コメント | 投稿日 2016年03月11日 | 09時50分

震災の日、福島県双葉郡の病院で起きていたこと。

記事を見る

「そこに存在してはいけないとされた病院」福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記 第5回 高野己保

(0) コメント | 投稿日 2016年03月11日 | 09時31分

人のいなくなった町は、生命の活動というものが全く感じられない、まるで時間がずっと止まったままの、映画のセットのようでした。

記事を見る

データは本当に正しいの?病床は本当にいらないの?

(0) コメント | 投稿日 2016年03月09日 | 10時20分

相双地域でも他地域と同様、平成27年11月30日に1回目の相双地域医療構想調整会議が開かれました。

記事を見る

地域医療はだれのもの? 福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記

(0) コメント | 投稿日 2016年02月16日 | 11時56分

双葉郡においては、公平性こそが不平等である、と私達は思っています。

記事を見る

原発被災地の医療は今 ~福島県双葉郡広野町・高野病院奮戦記 第1回

(0) コメント | 投稿日 2016年02月16日 | 11時26分

推定3,000人越えの東電、除染、その他の工事関係者が住んでいるこの町の、被災地の医療の現状をお伝えしたいと思います。

記事を見る