ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

大塚美幸 Headshot

プレゼンを上達させる10の法則(前半)

投稿日: 更新:
印刷

こんにちは。【3秒で惹きつけ7秒で信頼を与えるリーダーの為の話し方】andの大塚美幸です。

今回は「プレゼンを上達させる10の法則」をご紹介します。

頑張ってプレゼンの準備をしたのに成果に繋がらない、評価されない。

あの上司・クライアントは、相性が良くないかも知れない...周囲を見回すと...〇〇さんは評価されている、〇〇さんの笑顔を見ると嫌になる等など溜息をつきたくなることもありますよね。現実に直面する話でしょうか。

プレゼンがある方、部会で報告しなくてはいけない方、学校で教える方、経営者・リーダーの方々、就職面接がある方、人前で話される機会がある方等、緊張して上手くいかない自分から卒業しませんか?

記事に沿って練習すれば、効果がでて「話、上手ですね」と言われるようになります。必ず読んで練習して実践してください。

それでは10個、楽しく一緒に学んでいきましょう!andの講師陣(全員局アナ出身者)で応援しています。


1.目標を決める

こんな風になりたい!と思っている目標の人はいますか?いない人は今から探してみましょう。
目標の人を選ぶ時のポイントは3つ。

①同じ系統の人を選ぶ(かけ離れた人を選ばない)
②全体のバランスが取れた人を選ぶ(話し方、話の構成、存在感の3つが素晴らしい!)
③映像がある人(YouTubeで探せる人、社内等であれば今後機会があるごとに撮影をしてストックしてください)


2.目標の人物から現在の自分を引き算して足りない部分を確認

①目標としてする人が「話している時」の良さを30個以上書き出す。
②現在の自分の「話している時」の良い点/改善点各々15個以上書き出す。
③目標の人物―現在の自分=足りない点→何をすれば目標に近づけるか確認する。


3.期間を決める

最短3ケ月、最長1年後に目標の自分になる!と設定:逆算していつ何をすべきか計画・実行する。


4.パブリックスピーチ/プレゼンで必要な5つのPを意識する

①Purpose(目的)
②Presence(存在感)
③Platform skills(情報伝達技術)
④People(聴き手)
⑤Place(場所・設定)

中でも最も大事なのは「Purpose」。もう1つ、別次元ですが「Presence」も圧倒的に大事です!!!


5.パブリックスピーチ/プレゼンテーションを成功させる3つのスキルを意識する

①Platform skills(情報伝達技術)→Delivery skillsとも言う
②Scenario skills(シナリオスキル:構成・事前準備)
③Presence(存在感)

Scenario skills(シナリオスキル:構成や事前準備)、Platform skillsは慣れれば誰でも習得できる技術です。

1~3は「基本のき」これが全ての基礎です。ゲーム感覚でやってみてください。

やり方や考え方が分からないと言う方は気軽にメールでご相談くださいね。info@andmom.net


~言葉が未来をつくり、言葉が人生を切り開く~
言葉には心を動かし、ご自身も周囲も成長させる力があります。

言葉の伝え方は1度身につければ一生自分を助け輝かせてくれる魔法の道具です。今年こそシッカリ身につけて人生を輝かせましょう。

※無料メルマガ講座配信中です。

プレゼンについてもっと詳しく知りたい。同僚、ご友人で「話し方に困っている方・辛い方を助けたい!」と思ったら、ご登録はこちらです。

https://www.agentmail.jp/form/pg/4058/1/
成長したい!変化を望む方を応援しています。一緒に頑張りましょう。

コミュニケーション、プレゼンテーション、話し方などについてご質問、ご相談等ありましたら、気軽にメールでご連絡ください。 株式会社and info@andmom.net

最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

2017-02-17-1487310887-1192238-.jpg