BLOG

本当の魅力って何? - 大西睦子

2013年08月23日 15時17分 JST | 更新 2013年10月22日 18時12分 JST

ハーバード大学リサーチフェロー

大西 睦子

2013年8月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

現在、世界ではどれくらいの数の美容整形術が行われているでしょうか。国際美容外科学会 (International Society of Aesthetic Plastic Surgery: ISAPS)が、2011年に行われた世界の美容整形術の状況報告(※1) によると、美容整形手術の最も多い国は、アメリカで約311万件でした。日本は第4位で95万件です。2位はブラジルの145万件、3位は中国105万件、5位メキシコ79万件、6位はイタリア70万件、7位韓国65万件です。

さらに、イギリスの『The Economist』誌は、この結果を人口当りの手術件数にして報告(※2)しました。それによると、1位は韓国、引き続き2位はギリシャ、3位イタリア、4位アメリカ、5位コロンビア、6位台湾で、日本は7位でした。2011年 の世界保険機構(WHO)の報告による人口統計を用いて計算をすると、韓国は人口1,000人当たり13.4件、日本は7.5件の整形手術が行われていま す。

ところで、美容整形手術には、外科的手法と非外科的手法があります。日本では、外科的手法は、1位が脂肪吸引、2位が豊胸術、3位が鼻形成術です。一方、 非外科的手法は、1位ボトックス注射、2位ヒアルロン酸注入、3位レーザー脱毛です。アメリカでは、外科的手法は、1位が豊胸術、2位が脂肪吸引、3位が 腹部形成術です。非外科的手法は、1位から3位まで日本と同様です。

さて、顔の美容整形手術をする大きな理由が、若々しく魅力的になるため、というものです。でも、実際どのくらい"若く"なれると思いますか?何より、どのくらい魅力的になれるのでしょうか?

これまでに、美容手術後に実際どのくらい効果があったのか、客観的、定量的に評価した文献は限られています。そこでニューヨーク、レノックス・ヒル病院の Joshua Zimm医師らは、小規模な研究によってそうした評価を行いました。その結果が先日、『JAMA Facial Plastic Surgery』誌(※3)に報告されました。

結論から言えば、この研究によると、顔の美容整形手術受けた後の"若返り"の年齢は、期待しているほどではないようです。

2006年7月から2010年7月に、顔の様々な整形手術を行った平均年齢57歳(42〜73歳)の49人の患者について、50人の全く見知らぬ人が、手 術前後の2つの写真のいずれか一方を見て、写真人物の推定年齢と魅力度(1~10のスコア)を評価しました。各評価者が 術前後の両方ではなくどちらかの写真を評価し、同じ患者の前後の写真は見ていないのがポイントです。なお、術前後の写真は平均13ヶ月程度の間隔をおいて 撮影され、撮影時にメイクアップやジュエリー着用は禁止されました。撮影の背景は術前後で同じように標準化され、同じ種類のカメラと写真撮影のテクニック が使用されました。

その結果、術前の写真は、実年齢より平均2.1歳若く評価され、術後の写真は、実年齢より平均5.2歳若く評価されました。ですから、平均して手術後の写 真は平均3.1歳(--4.0歳〜9.4歳)若返って見えることになります。しかもほとんどの患者は、手術前の魅力度スコアを10点中4〜6点と評価されま したが、手術後もスコアに有意な変化は認められませんでした。

ところで、この研究結果は、どのくらい信頼性があると思いますか?

実際、年齢や魅力の変化を研究することは難しいと思います。なぜなら、これらの評価は、見る人の目に依存し、信頼性の高い方法で定量化するのが難しいからです。今回のように1〜10の段階評価で手術前後の魅力度を比較するのは、最良の方法ではなかったかもしれません。実際 ほとんどの人が、10点中、中間の4〜6点の範囲でした。さらに、この研究は小規模な研究であり、大規模な研究では、異なる結果になる可能性もあります。

さらに、2012年に報告された別の研究では、平均7歳も若返りしたのに、なぜ本研究ではわずかマイナス3歳だったのかも議論されています。 2つの研究で、手術のタイプが違うのかもしれません。今回の研究では、18人の患者が、眉や目のリフトだけで、顔全体のリフト(フェイスリフト)をしませんでした。

この結果は何を意味するのでしょうか?

今回の報告から考えると、美容整形術は実際のところ、人を、より若く、より魅力的に変化させることはないのかもしれませんね。ただし、美容整形手術で、自 分自身フレッシュな気持ちになったり、疲れをとることができ、自信を取り戻すことで、幸福感や快適さを感じさせてくれるのかもしれません。すると、お洒落に気を使うようになったり、より活動的になったりして、ますます活き活き若々しくなると思います。

ですから本当に重要なのは、「私たちが自分自身についてどのように感じているか」、ということなんだと思います。魅力というのは、体のどこか一部の問題ではないというわけですね。体の動きや顔の表情、声、さらに心の動き、感情や考え方、行動など、様々な要素があるはずです。みんなと違うことが、魅力や個性 となるか、もしくは欠点と映るか。みなさんはどう思いますか。

参考

(※1)http://www.isaps.org/files/html-contents/Downloads/ISAPS%20Results%20-%20Procedures%20in%202011.pdf

(※2)http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2013/01/daily-chart-22

(※3)Objective Assessment of Perceived Age Reversal and Improvement in Attractiveness After Aging Face Surgery. A. Joshua Zimm, Milad Modabber, Vinay Fernandes, Kian Karimi, Peter A. Adamson. JAMA Facial Plast Surg. 2013 Aug 1.

(※この記事は2013年8月23日のMRIC Vol.207「郷に入っても郷に従わず その17 ~本当の魅力って何?」より転載しました)