BLOG

自由すぎるプエルトリコの野球ファン

2015年02月13日 00時06分 JST | 更新 2015年02月13日 00時06分 JST

先日書いた記事「メジャーリーグでInstagram革命が進行中」で、メジャーリーグでは近年、若いファンがソーシャルメディアで「野球観戦を楽しむ自分」を表現することに夢中になっている、という話をしました。

スタジアムに来てスマートフォンばかり見ているファンに対して、熱心な野球ファンの方は「けしからん!試合を見ろ!」と思うかもしれません。でも、「野球観戦を楽しむ」 とは、ただ試合を見る、ということではありません。世界には、思い思いのスタイルで野球観戦を楽しむユニークなファンがいます。

■「試合の一部」になるプエルトリコの野球ファン

これまでメジャーリーグに多くのスター選手を輩出している、カリブ海に浮かぶプエルトリコという小島(アメリカの自治連邦区)があります。

人口約350万人、鹿児島県ほどの面積しかないこの島は、かつてスペインの植民地だったため、通過は米ドルながら公用語はスペイン語。カリブ海ならではの素晴らしい気候を有し、冬期には北米から多くの観光客が訪れる避暑地となっています。中世スペインの面影が強く残る首都サンファンの美しい街並は、「サンファン歴史地区」として世界遺産にも登録されています。

2015-02-13-20150213uchino01_87e27adds.jpg

2015-02-13-20150213uchino02_669a2101s.jpg

2015-02-13-20150213uchino03_10eaa80ds.jpg

2015-02-13-20150213uchino04_e409aa04s.jpg

約2年前、サルサ発祥の地としても知られるこの島を訪れ、現地のプロ野球を観戦したことがあるのですが、そこで驚きの光景を目にしました。

スタンドの一角を占める総勢30名ほどの応援団が、試合の最初から最後までサルサを演奏し、歌い踊り狂っているのです。あまりにゴキゲンすぎて、もはや野球の応援をしているのか、野球の試合をバックにライブを開催しているのかわからない程でした。

2015-02-13-20150213uchino05_0268da55s.jpg

2015-02-13-20150213uchino06_1f63f0f5s.jpg

2015-02-13-20150213uchino07_efa7520bs.jpg


【日刊SPA!】ハイレベルで自由すぎるプエルトリコ野球の魅力

彼等のライブが気になって試合に集中できない僕は、応援団のリーダー的な男性に「もっとゆっくり試合見たくならないの?」と尋ねました。すると彼は、屈託のない笑顔で「Part of the game」と答えてくれました。

「Part of the game」というフレーズは、その言葉通り「試合の一部」という意味なのですが、アメリカの野球ファンがよく使うフレーズで、たとえば贔屓チームの選手がエラーをしたときや、審判のミスで試合に負けたときなどに「それも野球の一部さ。仕方ない」といったニュアンスで口にします。プエルトリコの応援団長は、そのフレーズを「俺たちの演奏も試合の一部だから」というニュアンスで言うわけです。

彼は、自分たちもプロ野球というエンターテイメントを構成する一員であると自覚しており、音楽とダンスを通じて自己表現することに楽しみを見出しているのです。

2015-02-13-20150213uchino08_59b8685fs.jpg

試合中のスタンドはブブゼラとラッパの音が鳴り止まず、チャンスになるとオレ・オレ・オレの大合唱。ここでは誰もが、声を出して音を鳴らして応援することを楽しんでいました。

■自由すぎる超B級マスコット

応援といえば欠かせないのが、チームの"マスコット"。メジャーリーグや日本のプロ野球同様、プエルトリコのプロ野球にも"マスコット"がいました。

2015-02-13-20150213uchino09_ae3a7ef3s.jpg

マヤゲス・インディオスというチームのマスコットです。見ての通り、素顔丸出しでインディアンの被り物をしているオッサンです。信じ難いかもしれませんが、オフィシャルマスコットです。

2015-02-13-20150213uchino10_21e3599ds.jpg

チャンスになるとファンを鼓舞します。さらには得点すると、ファンに煽られ謎のヘッドスライディングを披露します。途中からはファンも乱入して一緒にヘッドスライディングします。

2015-02-13-20150213uchino11_9b3231c2s.jpg

しまいには、グラウンドに乱入して外野を走り出したりもします。

2015-02-13-20150213uchino12_bcc41d77s.jpg

試合後半はスタンドで普通に観戦していました。ビール飲みながら。半端ないです。

プエルトリコの野球場はもう、とにかく自由なのです。

スタンドには騒いでいる人ばかりではなくて、色んな人がいました。それこそメジャーリーグのようにスマートフォンで写真を撮りまくる人もいれば、コンコースで夜風に当たりながら何やら深刻そうな話をしている若いカップルもいました。

ちなみに、この日のチケット代は一律5ドル。安いので、とりあえず球場に行ってみて、あとは気の向くまま自由に楽しく過ごそう、という感じなのかもしれません。その結果として、熱心な応援団もいればライトなファンもいて、球場に多様性が生まれていました。

スポーツ観戦に、お作法はありません。ひとりひとりが思い思いのスタイルで楽しめばいい。日本から遠く離れたカリブの島で、改めてそんなことを感じました。

2015-02-13-20150213uchino13_1acee883s.jpg

2015-02-13-20150213uchino14_f13dc83as.jpg

2015-02-13-20150213uchino15_d168664ds.jpg

2015-02-13-20150213uchino16_21547b1cs.jpg

(2015年2月13日「Splash Hits」より転載)