Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

内野ムネハル Headshot

「飲みたくならない街」東京

投稿日: 更新:
印刷

default

 最近、東京の街で夜お酒を飲むことが減りました。

 一時期は週7日飲み歩いていましたが、最近は多くて週3日でしょうか。それでも多いっちゃ多いですが、以前は頻繁にあった「無駄に飲む」機会が減りました。

 日中忙しい友人と会うときや、みんなで「飲みに行こうぜ!」というときは、夜飲みに行きます。が、特に夜である必要がない場合は、最近はなるべくランチやお茶をするようなりました(昼から安くビール飲めるのがフリーランサー最大のメリットです!)。仕事の打ち合わせも、気心の知れた相手とは「夜、飲みながら」が結構多かったですが、それも減らしました。

 コストパフォーマンスの問題もありますが、それ以上に今の東京って、何というか「飲みたくならない街」なんだと思います。そういう"気分"の都市というか。

 僕はお酒が苦手ではないですしむしろ好きですが、東京でお酒を飲む「場」が、あまり魅力的でないんだと思います。良い店がないとかコスパが悪いとかいう話ではなく、おそらく「場」が嫌いなんです。僕の場合は、頻繁に海外に行くようになってから、東京であまり飲み歩かないようになった気がします。

 たとえば、バンコクの活気ある屋台街でカオマンガイを食べ汗を流しながら飲むシンハービール!は最高です。また、プエルトリコでカリブ海の甘い香りにほろ酔いながら嗜むご当地ラム!も最高です。これは、別に旅行気分だからではなく、純粋に「場」「環境」が良いのだと思います(たとえばLAや上海では、僕は東京と同じくあまりお酒を飲む気分になりません)。

default

default

↑カリブの小国プエルトリコで、サルサやラテンジャズの
生演奏を楽しみながら飲むモヒートは最高にゴキゲン!

 日本の企業社会では「酒の席」「飲みにケーション」という言葉がある通り、独特の酒席文化があります。空気を読み、目上の人を立てる。同時に、酒席では多少の羽目を外しても良し、無礼講も良し。一部の企業ではパワハラ、セクハラも実質OKです。

 日本の大企業が集中する東京には、こうした「酒の席」が集中しています。東京が「飲みたくならない街」だとしたら、これが理由だと思います。

 パワハラ、セクハラは論外ですが、そもそもの「酒の席なら〜」という概念が、今日の若者の価値観に合わないのでしょう。自分は「酒の席だから」という理由で、人とのコミュニケーションが変わることはないです。言いたいことは昼でも夜でも言ってます!

 こういう酒席文化があるためか、東京の飲む「場」って、イメージが暗いんですよね。会社の愚痴とか家族の愚痴とか、ネガティブな話が多いというか。。プエルトリコは現在、財政破綻の危機に瀕しているほど経済はヤバく失業率も高いですが、みんな酒飲んで歌って踊って笑ってマジで人生楽しそうです。

 外国に「飲みにケーション」がないとは思いませんが、酒の席になると日中とノリが変わったり、空気を読まなきゃいけないような面倒臭さは、特に欧米ではほとんどない気がします。ただ純粋に、仲間や家族、恋人と、美味しいご飯とお酒を楽しむ。ビジネスにおいても大事な話は、全て日中に済んでいます。

default

 そんなわけで東京の街で飲む機会が減った僕ですが、最近楽しいのは、野球好きの仲間たちと球場でビールを飲みながらの野球観戦!先週は横浜スタジアム、今週も神宮球場に行きましたが、球場のスタンドで男女10人くらいでワイワイするのは、街中での合コンよりよっぽど楽しい!あと、都心であれば天気が良い日に代々木公園でピクニック!も良いですね。

 世間では「若者のお酒離れ」が叫ばれて久しいですが、そりゃそうだろうと思います。お酒は好きでも「場」が嫌いなんです。

★当ブログ『Splash Hits』のFacebookページができました。更新情報の他、記事にするほどでもないけどどこかに書いておきたいネタや、今朝食べたパンケーキの写真や猫のモフモフ動画、それから管理人の仕事や作品などを紹介していこうと思います★

(2014年4月24日「Splash Hits」より転載)

Close
佐賀の日本酒 写真集(「佐賀酒ものがたり」より)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

東京都区部は2.7%上昇、消費者物価

東京都港区の書店で男性刺される 逃げた女の身柄確保

リニア、自民が一気に東京―大阪開業案 JR東海は難色

被災地応援 絆の旅 東京の城南信金友の会がお座敷列車で来県