BLOG

プレート上の音響ホログラム

2016年10月06日 17時20分 JST | 更新 2016年10月06日 17時20分 JST

2016-10-01-1475285640-4909065-84766.jpg

音響ホログラムで生成された超音波によって、ハトの形に寄せ集められた水中のマイクロビーズ。

Credit: Kai Melde

音波、特に超音波を用いると、液体中や空気中の物体に触れずに操作でき、この現象は、医用イメージング、非破壊試験、非破壊計測に応用されている。通常は所望の音場を変換器アレイによって作り出すが、この変換器アレイは注意深く結合し制御しなければならない。

今回P Fischerたちは、音響ホログラムを作る比較的簡単な手法について説明し、この手法の物質操作への使用の可能性を実証している。彼らは、3D印刷によってポリマープレートに音響ホログラムを符号化し、次にそれを使って、物体の非接触操作に使用できる音場を作っている。この方法は、再生の自由度が既存の方法より2桁大きい複雑な場を生成できる。

このホログラムは安価で、作製に時間がかからないため、この手法は幅広く採用され、超音波操作の新しいさまざまな応用を可能にするかもしれない。

Nature537, 7621

2016年9月22日

原著論文: Holograms for acoustics

doi:10.1038/nature19755

【関連記事】

Nature最新号