BLOG

視床下部は老化速度を制御する

2017年08月05日 00時41分 JST | 更新 2017年08月05日 00時41分 JST

2017-08-03-1501732597-6434383-109968.jpg

視床下部(黄色)の幹細胞は、抗老化作用の一部に関係している。

Credit: SEBASTIAN KAULITZKI

D Caiたちは以前に、視床下部が全身の老化に重要な役割を担っていることを明らかにした。彼らは今回、中齢マウスで視床下部の幹細胞が大きく減少することを観察し、これらの細胞を除去すると、老化に類似した生理学的変化と寿命の短縮が起こることを複数のマウスモデルで明らかにしている。逆に、健康な視床下部幹細胞を中齢マウスへ移植すると、老化を遅らせ、寿命を延ばすことができた。

視床下部幹細胞が分泌するエキソソームmiRNAは、脳脊髄液中を循環し老化とともに減少するmiRNAプールに寄与している。これらの分泌型エキソソームは、老化減速の少なくとも一因となっている。著者たちは、老化速度は、視床下部幹細胞とそれに由来する脳脊髄液中のエキソソームmiRNAにより部分的に制御されると結論している。

Nature548, 7665

2017年8月3日

原著論文:

Hypothalamic stem cells control ageing speed partly through exosomal miRNAs

doi:10.1038/nature23282

【関連記事】

ヒト誘導多能性幹細胞の変動をマッピングする Nature546, 7658 2017年6月15日

P53変異を持つヒト多能性幹細胞の増幅 Nature545, 7653 2017年5月11日

骨髄の緊急時の血液バンク Nature544, 7648 2017年4月6日

代謝と腸の再生 Nature543, 7645 2017年3月16日

幹細胞の「健康」はオートファジーによって維持される Nature543, 7644 2017年3月9日