BLOG

アルツハイマー病のアミロイドβ病変の伝播についての手掛かり

2015年09月17日 00時05分 JST | 更新 2016年09月14日 18時12分 JST

小児期に、プリオンに汚染された死後脳由来のヒト成長ホルモン(hGH)による治療を受けた患者が、医原性クロイツフェルト・ヤコブ病(iCJD)を発症している。このような治療は1985年に中止されたが、CJDは潜伏期間が長いため、新しい症例がいまだ発生し続けている。意外なことに、このようなiCJD患者8人(年齢36~51歳)の剖検研究で、アルツハイマー病で典型的に見られる灰白質のアミロイドβ(Aβ)沈着と、脳アミロイド血管症の特徴である血管壁へのAβ沈着があることが明らかにされた。これらの患者は、早期発症型アルツハイマー病に関連する病原性変異あるいは高リスク対立遺伝子のいずれも持っていなかった。Aβ病変はhGHの投与を受けたプリオン感染者のみに検出されたことは重要である。これは、CJDに加え、Aβ病変にも医原性伝播があることと一致しており、また、hGHに曝露された健常者にも医原性のアルツハイマー病および脳アミロイド血管症を発症するリスクがあるという可能性を示唆している。

Nature525, 7568

2015年9月10日

原著論文:

Evidence for human transmission of amyloid-β pathology and cerebral amyloid angiopathy

doi:10.1038/nature15369

【関連記事】

アルツハイマー病の新しい治療法 Nature Communications 2015年8月19日

アルツハイマー病を防ぐ遺伝子変異 Natureダイジェスト Vol. 9 No. 10

アルツハイマー病に関わるタンパク質が健常高齢者の睡眠関連記憶を乱す可能性 Nature Neuroscience 2015年6月2日