BLOG

南極半島の気候における極端な自然変動

2016年08月01日 23時20分 JST | 更新 2017年08月01日 18時12分 JST

南極半島は、急速な温暖化の事例研究として頻繁に提示されている。今回J Turnerたちは、南極半島では、20世紀末期には温暖化傾向がかなり弱まっており、21世紀初頭にはおおむね寒冷化していたことを示している。南極半島は南極のほんの一部であるため、今回の知見は、南極やその他の地域のより一般的な寒冷化を示唆するものではない。

今回の結果は、この地域の気温の十年変動が、主に全球の気温変動の駆動因と関連しているのではなく、局地的な大気循環内部の極端な自然変動に起因していることを示している。

Nature535, 7612

2016年7月21日

原著論文:

Absence of 21st century warming on Antarctic Peninsula consistent with natural variability

doi:10.1038/nature18645

【関連記事】

森林生産力の季節変動 Nature534, 7609 2016年6月30日

モンスーン変動の起源 Nature533, 7602 2016年5月12日

過去12世紀の水文気候変動 Nature532, 7597 2016年4月7日

全球の気候システムに対する中国の影響 Nature531, 7594 2016年3月17日