BLOG

抗うつ剤の構造活性相関

2016年05月14日 16時59分 JST | 更新 2017年05月13日 18時12分 JST

セロトニンは、中枢神経系の活動を調整するだけでなく、体全体にわたる多数の過程を調節する。今回、ヒトのセロトニン輸送体(SERT)について、最も広く処方されている2種の抗うつ剤と複合体を形成した状態のX線構造が解明された。

使われた薬剤は、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の(S)-シタロプラムとパロキセチンである。

得られた構造から、抗うつ剤は輸送体タンパク質を細胞外に向けて開口したコンホメーションに固定し、セロトニンの結合部位への進入を直接遮断することが分かった。

また、これまで知られていなかったアロステリック部位が細胞外部の前庭中に見つかり、この部位へリガンドが結合すると中心部位からのリガンド解離が抑制されることが明らかにされ、SERTの抗うつ剤としての作用機構が確認され、将来の薬剤設計のための道筋が示された。

Nature532, 7599

2016年4月21日

原著論文:

X-ray structures and mechanism of the human serotonin transporter

doi: 10.1038/nature17629

【関連記事】

レナリドミドはがんタンパク質を分解の標的にする Nature532, 7597 2016年4月7日

プロモーターに結合したTFIIDの構造 Nature531, 7596 2016年3月31日

セルロース生合成のスナップショット Nature531, 7594 2016年3月17日

2孔型チャネルAtTPC1の性質を調べる Nature531, 7593 2016年3月10日