BLOG

早期脳過成長から自閉症スペクトラム障害を予測できる

2017年03月06日 16時43分 JST

自閉症スペクトラム障害(ASD)は、脳の過成長と関連するとされるが、これが行動症状とどのように関係するのかは明らかにされていない。

今回、H Hazlettたちは、家族性ASDに高いリスクを持つ幼児を対象に神経画像化による長期的研究を行い、24カ月齢時点でASDの診断を受けた高リスク児は、6~12カ月齢の時点で皮質成長率の増大を示していたことが分かった。

高リスク児の早期脳過成長は、24カ月齢での社会性障害と関連しており、6カ月と12カ月時に取得した画像データから、高リスク児における24カ月時のASD診断を予測できた。

これらの知見から、ASD発症に向かう脳成長の軌跡の差は、生後第1年の間に早くも現れることが分かる。

Nature542, 7641

2017年2月16日

原著論文:

Early brain development in infants at high risk for autism spectrum disorder

doi:10.1038/nature21369

【関連記事】

プラスチックでできたウエアラブル汗成分バイオセンサー Nature529, 7587 2016年1月28日

心疾患のリスクと母親の年齢 Nature520, 7546 2015年4月9日