Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

自己動力供給型ソフトマシンである「オクトボット」

投稿日: 更新:
印刷

ソフトロボティクスでは、外部電源とロボットを接続するために、いくつかの「硬質」部品つまり金属部品が、特に電池や配線の形でこれまで必ず含まれていた。さらに、ソフトロボットと電源をつなぐ外部配線が、そうしたロボットの自律性を制限している。

今回J Lewisたちは、マイクロ流体論理を用いる3D印刷ソフトポリマーロボットと搭載燃料としての過酸化水素を組み合わせ、硬質構造体を組み込まずに、腕が動く8本腕ロボット(オクトボット)を製作している。

白金触媒の存在下で過酸化水素が分解されて酸素が発生すると、体積が膨張することによって、オクトボットの腕に埋め込まれた袋が膨らむ。

また、燃料タンク、マイクロ流体チャネル、ガス放出孔の設計によって、2組の腕が周期的に動くようになっている。

Nature 536, 7617
2016年8月25日

原著論文: An integrated design and fabrication strategy for entirely soft, autonomous robots
oi:10.1038/nature19100

【関連記事】
in situでできる低摩擦トライボ膜 Nature 536, 7614 2016年8月4日