BLOG

ブラックホール合体の検出に向けたロードマップ

2016年07月07日 01時01分 JST | 更新 2017年07月04日 18時12分 JST

K Belczynskiたちは今回、ブラックホール連星形成の数値シミュレーションを提示している。

このシミュレーションによって、2つの大質量ブラックホールの合体である、最近初めて検出された重力波源(GW 150914)を説明する枠組みが得られる。

このモデルから、こうした事象が生じるのは金属量が太陽の10%未満の環境であり、2つの前駆天体は、初期質量が太陽の40~100倍で、共通外層期に質量輸送を通して相互作用することが示唆される。

計算結果からは、重力波天文台の感度が最大限に達すれば、ブラックホールの合体が1年当たり約1000件検出されると予想される。

Nature534, 7608

2016年6月23日

原著論文:

The first gravitational-wave source from the isolated evolution of two stars in the 40-100 solar mass range

doi:10.1038/nature18322

【関連記事】

赤い間欠泉が決める星形成の上限 Nature533, 7604 2016年5月26日

降着を受けている白色矮星連星系 Nature533, 7603 2016年5月19日

孤立銀河に見つかった超大質量ブラックホール Nature532, 7599 2016年4月21日

星形成にあった2回目のチャンス Nature529, 7587 2016年1月28日