BLOG

呼吸における機械刺激伝達の役割

2017年01月29日 02時04分 JST | 更新 2017年01月29日 02時04分 JST

150年ほど前に報告されたヘーリング・ブロイウェル反射は、肺を支配する感覚ニューロン(肺の伸展により活性化される)の働きによって肺の過剰な膨張を防いでいると考えられているが、実際の分子機構や細胞機構については分かっていない。

A Patapoutianたちは今回、機械感受性イオンチャネルPiezo2(これまで皮膚の触覚に関係するとされていた)を欠失した成体マウスでは、この反射が起こらないことを見いだした。意外なことに、Piezo2は出生時の最初の肺膨張にも必要であり、このことから機械的シグナルの伝達は、マウスでは新生仔でも成体でも呼吸調節に役割を果たしていることが明らかになった。

Nature541, 7636

2017年1月12日

原著論文:

Piezo2 senses airway stretch and mediates lung inflation-induced apnoea

doi:10.1038/nature20793

【関連記事】

ガンマリズムの乱れとアルツハイマー病の病理 Nature540, 7632 2016年12月8日

ウミユスリカの夜と昼の習性 Nature540, 7631 2016年12月1日

睡眠パターンを制御する遺伝子 Nature539, 7629 2016年11月17日

アストロサイトのカルシウム信号とリンクした行動 Nature539, 7629 2016年11月17日

摂食行動に影響を及ぼすコリン作動性シグナル伝達 Nature538, 7624 2016年10月13日