Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

活性化されていないC-H結合の官能基化

投稿日: 更新:
印刷

従来、有機合成は、炭素-酸素結合や炭素-ハロゲン結合などの官能基の導入と操作に大きく依存してきた。

現在の多くの研究では、有望で有力な代替戦略に重点が置かれており、それは、通常はるかに反応性が低いため官能基化しにくい炭素-水素結合を何らかの方法で修飾しやすくしようとするものである。

今回、特定の触媒を用いて部位選択性を制御することによって、分子内に配向基やアンカー基を存在させなくても、活性化されていないC-H結合を選択的に官能基化できることが報告されている。著者たちは、二ロジウム触媒を用いて、n-アルカンや末端置換n-アルキル化合物のジアステレオ選択的かつエナンチオ選択的なC-H官能基化を行った。

この反応は、高い収率で進行し、ハロゲン化物やシランやエステルなどの他の官能基を持つ基質でも行うことができる。

Nature 533, 7602
2016年5月12日

原著論文:
Site-selective and stereoselective functionalization of unactivated C-H bonds
doi:10.1038/nature17651

【関連記事】
触媒を用いたオレフィンメタセシス反応 Nature 531, 7595 2016年3月24日
化学品の原料としての二酸化炭素 Nature 531, 7593 2016年3月10日
鉄触媒を用いたトリチウム標識法 Nature 529, 7585 2016年1月14日