BLOG

薬剤抵抗性を再プログラム化するがん細胞

2017年06月20日 16時34分 JST

がん治療に対する抵抗性は、遺伝学的変化の獲得、あるいはすでに存在している遺伝学的変化によって生じる。

このような変化は抗増殖薬への感受性が低く、増殖の遅い残存細胞集団に蓄積しやすいと考えられている。

しかし今回、増殖中の細胞での非遺伝学的な抵抗性獲得機構が明らかにされている。

このような、最終的には抵抗性を生じることになるまれな細胞は、EGFRなどの既知の抵抗性ドライバーを1つ(大抵の場合はもっと多く)高レベルで発現することを特徴とする一過性の転写状態にある。

この一過性の転写プログラムは、薬剤に曝露されることでエピジェネティックに「焼き付け」られ、転写レベルでの薬剤抵抗性を持った細胞の選択と増殖が可能になる。

Nature546, 7658

2017年6月15日

薬剤抵抗性を再プログラム化するがん細胞

原著論文: Rare cell variability and drug-induced reprogramming as a mode of cancer drug resistance

doi:10.1038/nature22794

【関連記事】

MCL1タンパク質は抗がん剤の標的候補 Nature538, 7626 2016年10月27日

BRCA欠損がんで化学療法抵抗性が生じる新規な機構 Nature535, 7612 2016年7月21日

併用療法でKRAS腫瘍を標的にする Nature534, 7609 2016年6月30日

腫瘍耐性を阻止する二価のmTOR阻害剤 Nature534, 7606 2016年6月9日

発がん性非コードRNA Nature531, 7595 2016年3月24日