ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

抗がん剤がDNAに与える望ましくない作用

投稿日: 更新:
印刷

ホスファチジルイノシトール 3-キナーゼδ(PI3Kδ)経路は多くの種類のがんで、非常に活性が高い。いくつかのPI3Kδ阻害剤は、白血病やリンパ腫などのB細胞がんの治療薬として承認されている。

PI3Kδは発がん促進作用の他に、DNA組換えを促進する酵素AID(activation-induced cytidine deaminase)の活性も制御している。

今回、PI3Kδ阻害による過剰なAID活性が、白血病やリンパ腫の培養細胞株だけでなく、PI3Kδ阻害剤による治療を受けた慢性リンパ球性白血病患者でも、ゲノム不安定性を引き起こすことが示されている。

著者たちは、このクラスの薬による長期的な治療を受けている患者では、こうしたゲノムへの有害な作用も考慮に入れることを推奨している。

Nature 542, 7642
2017年2月23日

原著論文:
Phosphatidylinositol 3-kinase δ blockade increases genomic instability in B cells
doi:10.1038/nature21406

【関連記事】
膵臓がんで間葉系細胞亜集団を抑制する Nature 542, 7641 2017年2月16日
膵臓がんでの遺伝子欠失 Nature 542, 7639 2017年2月2日
限局性前立腺がんのゲノミクス Nature 541, 7637 2017年1月19日
食道がんの複雑性 Nature 541, 7636 2017年1月12日
SPNS2タンパク質は転移を調節する Nature 541, 7636 2017年1月12日