BLOG

がんプログレッションにおける代謝変化の役割

2017年06月09日 00時41分 JST | 更新 2017年06月09日 00時41分 JST

細胞の代謝の変化は、さまざまながんでよく見られる。こうした代謝の変化ががんの発生に直接影響を及ぼす仕組みは、研究がなされているところである。

服部鮎奈(米国ジョージア大学)たちは今回、慢性骨髄性白血病において代謝酵素BCAT1がMusashi2を介して発現上昇することを明らかにしている。

BCAT1は、分枝鎖ケト酸をアミノ化することで、分枝鎖アミノ酸(BCAA)にする機能を持つことが示された。BCAT1の阻害は、マウスの慢性骨髄性白血病において分化を誘導し、増殖を妨げた。

ヒトでは、BCAT1発現の上昇は疾患の予後不良とも関連が見られたことから、他のバイオマーカーと共に用いることで、患者の疾患の予後予測に役立つ可能性がある。

Nature545, 7655

2017年5月25日

原著論文:

Cancer progression by reprogrammed BCAA metabolism in myeloid leukaemia

doi:10.1038/nature22314

【関連記事】

Notchシグナル伝達は腫瘍の増殖を手助けする Nature545, 7654 2017年5月18日

腫瘍免疫を遮断する Nature545, 7655 2017年5月25日

皮膚がんサブタイプのゲノム塩基配列解読 Nature545, 7653 2017年5月11日

食餌制限によるがん治療の検討 Nature544, 7650 2017年4月20日

脂質代謝に関わる腫瘍抑制因子 Nature543, 7647 2017年3月30日