ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

可逆的に結合するテンプレートを用いたC-H活性化

投稿日: 更新:
印刷

化学合成のステップ数を減らす方法の1つは、官能基を結合させなくても特定の炭素に反応が起こるようなC-H活性化を使用することである。しかし、有機分子には多くのC-H結合が存在するので、C-H結合を1つだけ確実に活性化するために、取り外し可能なテンプレートを用いて反応を誘導する手法が開発されてきた。

今回 J Yuたちは、このアイデアを拡張し、可逆的な金属-配位子結合を介して一時的に結合させた配向テンプレートを用いて、3-フェニルピリジンの遠隔C-H活性化を可能にしている。この方法は、より離れたC-H結合の活性化を実現できることを意味しており、さらに、テンプレートは可逆的に結合させられるため、その結合と除去を別々のステップで行う必要がなく、ステップ数を減らすことができる。

Nature 543, 7646
2017年3月23日

原著論文:
Remote site-selective C-H activation directed by a catalytic bifunctional template
doi:10.1038/nature21418

【関連記事】
活性化されていないC-H結合の官能基化 Nature 533, 7602 2016年5月12日
触媒を用いたオレフィンメタセシス反応 Nature 531, 7595 2016年3月24日
化学品の原料としての二酸化炭素 Nature 531, 7593 2016年3月10日
鉄触媒を用いたトリチウム標識法 Nature 529, 7556 2016年1月14日
アルケンのsyn-カルボアミノ化 Nature 527, 7576 2015年11月5日