Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

キメラ膵島でマウスの糖尿病を抑える

投稿日: 更新:
印刷

2017-02-11-1486785383-9961762-96232.png

左から順に、ラットとマウスのキメラ、野生型のWistarラット、野生型のC57BL6マウス。キメラはマウスの誘導多能性幹細胞をラット胚に注入して作製した。 Credit: Tomoyuki Yamaguchi

糖尿病は、インスリンの送達が不十分な症例では、膵島細胞の移植によって治療できる。しかし、この手法は適合するドナー組織が利用できるかどうかにかかっている。

中内啓光(東京大学および米国スタンフォード大学)たちは今回、膵島細胞の移植の代わりに、膵臓を作り出せないラットの胚にマウスの多能性幹細胞を注入した。

このマウス多能性幹細胞から発生した膵島を単離して、糖尿病マウスに移植すると、マウスの血糖値を正常化することができた。

Nature 542, 7640
2017年2月9日

原著論文: Interspecies organogenesis generates autologous functional islets
doi:10.1038/nature21070

【関連記事】
Hippoキナーゼとヒト乳腺細胞の運命 Nature 541, 7638 2017年1月26日
Hox遺伝子と筋幹細胞の衰え Nature 540, 7633 2016年12月15日
in vitroで再構築されたマウスの雌性生殖系列 Nature 539, 7628 2016年11月10日
霊長類モデルで、発作を起こした心臓が幹細胞で回復 Nature 538, 7625 2016年10月20日
がん幹細胞は脂質利用に依存する Nature 538, 7623 2016年10月6日