BLOG

意思決定のためのウイルス間コミュニケーション

2017年02月02日 18時10分 JST

細菌は、シグナル伝達分子の分泌によって集団密度を感知し、それに応じて自己のふるまいを調節している。R Sorekたちは今回、この細菌間コミュニケーション系を探索中に、細菌に感染するウイルスであるファージの一部が、同じファージに先に感染した細胞から分泌されたペプチドを感知しており、またこれらのペプチドがファージ遺伝子にコードされているという、興味深い発見をした。こうしたファージは、ペプチドが一定の閾値を超えると、宿主を死滅させる溶菌サイクルから、宿主を死滅させない溶原サイクルへと切り替わる。これは、ウイルス間のコミュニケーション系としては初めての報告である。

Nature541, 7638

2017年1月26日

原著論文:

Communication between viruses guides lysis-lysogeny decisions

doi:10.1038/nature21049

【関連記事】

ピコルナウイルスの複製におけるPLA2G16の役割 Nature541, 7637 2017年1月19日

結合したFluAポリメラーゼの構造を解明 Nature541, 7635 2017年1月5日

メタトランスクリプトミクス解析で明らかになった多様性に満ちたウイルスの世界 Nature540, 7634 2016年12月22日

ジカウイルスはマウスの精巣に損傷を与える Nature540, 7633 2016年12月15日

抗ジカウイルス抗体はウイルス複製を阻害する Nature540, 7633 2016年12月15日