BLOG

高まるディーゼル燃料生産の将来性

2015年12月16日 01時06分 JST | 更新 2016年12月14日 19時12分 JST

新世代の一元機能触媒は、精密に制御され最適化されたナノスケールの特徴によって性能が次第に向上している。今回J Zečevićたちは、二元機能水素化分解触媒の性能もまた、ナノスケールの最適化によって向上し得ることを示している。二元機能触媒は金属サイトと酸サイトを持つが、最適性能を得るにはこれらのサイトができるだけ近接している方がよいと、長年にわたって経験的に考えられていた。しかし著者たちは、金属サイトと酸サイトを近接させ過ぎると選択性が低下する可能性があり、金属サイトと酸サイトをナノメートルスケールの間隔で配置するとよいことを見いだした。この研究結果を利用すれば、天然ガス、植物油、藻類油などの代替源からディーゼルをより効果的に生産できるようになるかもしれない。

Nature528, 7581

2015年12月10日

原著論文: Nanoscale intimacy in bifunctional catalysts for selective conversion of hydrocarbons

doi:10.1038/nature16173

【関連記事】

複数の触媒で炭素-炭素結合を形成する Nature524, 7566 2015年8月27日