BLOG

睡眠パターンを制御する遺伝子

2016年12月11日 00時30分 JST | 更新 2016年12月11日 00時30分 JST

2016-12-07-1481093156-1658877-89476.jpg

Credit: VittoriaChe / iStock / Getty Images Plus / Getty

概日リズムを調節する分子経路は詳しく研究されてカタログ化されているが、それに比べて睡眠の恒常性を制御・促進する分子機構の解明は進んでいない。今回、船戸弘正(筑波大学および東邦大学)たちは、順遺伝学的スクリーニングを用いて、睡眠/覚醒バランスに影響を及ぼす2つの変異を突き止めた。著者たちは、Sik3プロテインキナーゼは総覚醒時間の決定に不可欠であること、そして陽イオンチャネルNALCNの変異がレム睡眠のエピソード持続時間と総レム睡眠時間を調節することを示している。

Nature539, 7629

2016年11月17日

原著論文:

Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice

doi: 10.1038/nature20142

【関連記事】

アストロサイトのカルシウム信号とリンクした行動 Nature539, 7629 2016年11月17日

摂食行動に影響を及ぼすコリン作動性シグナル伝達 Nature538, 7624 2016年10月13日

ニューロン可塑性の機序 Nature538, 7623 2016年10月6日