BLOG

遺伝性難聴を治療する

遺伝性難聴に適用できる治療選択肢は限られている。

2018年01月23日 10時26分 JST | 更新 2018年01月23日 10時26分 JST

難聴の全症例のほぼ半数は遺伝的要因により発症するが、遺伝性難聴に適用できる治療選択肢は限られている。

D Liuたちは今回、優性(顕性)遺伝様式の難聴を標的とするゲノム編集手法を開発した。

ヒト難聴のマウスモデルにおいて、変異型対立遺伝子をCRISPR–Cas9編集法により破壊し、難聴を軽減できた。

この結果は、一部の常染色体優性遺伝性疾患に対する遺伝子編集戦略として、有糸分裂後の細胞へのタンパク質–RNA複合体の送達を利用できる可能性を裏付けている。

Nature 553, 7687

原著論文: Treatment of autosomal dominant hearing loss by in vivo delivery of genome editing agents

doi:10.1038/nature25164

【関連記事】

RNAをノックダウンする、より効果的なCRISPR法

Nature550, 7675 

タンパク質の相互作用のマッピング

Nature545, 7655 

REXERを使ったコドンの置換

Nature 539, 7627 

二本鎖切断をしないDNA編集

Nature 533, 7603 

害虫のBt毒素耐性に打ち勝つ

Nature 533, 7601