BLOG

地球誕生の時期に迫る最古の生命の証拠

有機生命体の存在した年代が39億5000万年以上前までさかのぼると主張している。

2017年10月04日 16時09分 JST | 更新 2017年10月04日 16時09分 JST

地球上の有機生命体の起源は、既知で最古の堆積岩に見いだされた証拠によって、年代がさかのぼりつつある。

小宮剛(東京大学)たちは今回、カナダ・ラブラドルの堆積岩に有機炭素が存在し、グラファイトと炭酸塩の安定同位体比の間に大きな分別が見られることから、有機生命体の存在した年代が39億5000万年以上前までさかのぼると主張している。

最近の研究では、日光が届く浅瀬に生息するストロマトライトや、深海の熱水噴出孔に生息する細菌など、約37億年前にはすでに多種多様な生物が存在していたことを裏付ける証拠が示されており、今回の研究はこれらの結果と合わせて、生命にはそのすみかである地球に匹敵するほど長い歴史があることを示している。

Nature549, 7673

原著論文: Early trace of life from 3.95 Ga sedimentary rocks in Labrador, Canada

doi: 10.1038/nature24019

【関連記事】

ポリプテルス類の起源を紐解く

Nature549, 7671 2017年9月14日

滑空するジュラ紀の哺乳形類

Nature548, 7667 2017年8月17日

類人猿の祖先の進化

Nature548, 7666 2017年8月10日

四肢類系統樹の基部がより複雑に

Nature546, 7660 2017年6月29日

まれな移動個体が分岐選択を制限する

Nature546, 7657 2017年6月8日