BLOG

フローレス原人の年代はもっと古かった

2016年05月14日 16時47分 JST | 更新 2017年05月13日 18時12分 JST

2016-05-12-1463043492-6669915-72442.jpg

リャン・ブア洞窟における発掘調査の様子。Credit: Liang Bua Team

インドネシア・フローレス島のリャン・ブア洞窟で、「ホビット」として知られる小柄な旧人類であるフローレス原人(Homo floresiensis)が発見されたことは、2004年の考古学上の大事件だった。

これが大きな議論を巻き起こした要因は、フローレス原人がリャン・ブア洞窟にいた年代が9万5000年~1万2000年前であり、現生人類がこの地域に定着した年代(約5万年前)よりも後まで存続していたためであった。

当時の調査チームのT Sutiknaをはじめとする多くのメンバーはその後、他の研究者らとチームを組んでリャン・ブアを再び訪れ、洞窟内の未調査部分を新たな発掘によって調べた。

その結果、洞窟内の堆積層は均一に堆積しておらず、フローレス原人を含む層は考えられていたよりも古いらしいことが分かった。

新たな放射年代測定から、フローレス原人の遺骨と石器の年代は19万~5万年前となった。従って、島に到来した現生人類に遭遇するまでフローレス原人が存続していたかどうかは、議論の余地がある問題である。

Nature532, 7599

2016年4月21日

原著論文:

Revised stratigraphy and chronology for Homo floresiensis at Liang Bua in Indonesia

doi: 10.1038/nature17179

【関連記事】

魚の調理に使われた最古の土器 Nature496, 7445 2013年4月18日

アンティキティラの機械に残るオリンピックの記録 Nature454, 7204 2008年7月31日

古代ギリシャの天文計算機 Nature444, 7119 2006年11月30日

最初の芸術文化の担い手は誰? Nature430, 6996 2004年7月8日