BLOG

肥満を促す食餌の代謝への影響

2016年03月10日 16時00分 JST | 更新 2017年03月09日 19時12分 JST

2016-03-08-1457406845-7893221-68392.jpg

高脂肪食の代表である揚げ物。

Credit: Andres Ruffo/EyeEm/Getty Images

肥満につながる食餌が組織の幹細胞機能をどのように変化させ、がんなどの病態にどのような影響を及ぼすのかはよく分かっていない。今回、高脂肪食がin vivoの哺乳類で腸幹細胞の数を増やし、高脂肪食の成分である脂肪酸を投与した腸オルガノイドでも腸幹細胞の数が増えることが報告された。著者たちは、ぺルオキシソーム増殖因子活性化受容体δ(PPAR-δ)を含む経路が、非幹細胞にオルガノイド形成開始能をもたらすことを見いだし、この経路が非幹細胞に、Apc腫瘍抑制因子の喪失後のin vivoでの腫瘍形成を誘導することを明らかにした。

Nature531, 7592

2016年3月3日

原著論文:

High-fat diet enhances stemness and tumorigenicity of intestinal progenitors

doi:10.1038/nature17173

【関連記事】

2種類のKras肺がん Nature531, 7592 2016年3月3日

アミノ酸除去でがんと闘う Nature530, 7591 2016年2月25日

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

19カ国が考える「理想の体型」 男性編